農業生産で重視するのは

呉英淑(オ・ヨンスク):朝鮮では食糧問題・食問題、つまり食生活の事ですが、これを人民生活の向上に直結する重大事と看做して農業の発展に優先的な力を入れています。朝鮮労働党第8回大会では農業生産を増やす為に、種子革命・科学農業・低収穫地での増産・新しい土地獲得・干潟地の開墾に力を入れる事に触れています。

種子革命を進めるのは朝鮮労働党の一貫した農業政策です。朝鮮の実情に合わせて収量が高くて様々な被害にも適応し、生育期日が短くて生産性の高い品種を育成しようとしています。敬愛する金正恩総書記は朝鮮民主主義人民共和国最高人民会議第14期第5回会議で行った施政演説で、「災害性異常気象にも適応し、収量の高い種子を育種し改良するのにポイントを置いて種子問題を解決するべきだ」と言いました。

現代は科学農業の時代です。農業科学技術を発展させて初めて持続可能で安全な農業生産が可能です。各地の農場では『適地適作、適期適作』の原則で作物と品種の配置をし、全ての営農工程を科学的に行える方法が研究され導入されています。これと共に農場の人達が科学農業を直接担当した、云わば主人として先進的な営農技術を熱心に学んで全ての営農作業を科学的に行うようにしています。

朝鮮は耕地面積が限られており更には低収穫地が少なからずあります。穀物増産の予備は低収穫地での農業を上手く行う事、これを良く知っているので地力を高めて低収穫地を沃土に変える事に力を入れています。そして実利があり効率的な営農技術と科学的な営農方法を積極的に取り入れて収量を上げています。

穀物の栽培面積を増やす為に干潟地の開墾と耕地整理に力を入れ、農村では1坪の空き地でももっと探し出して穀物を植えるのが、大衆挙げての運動として展開されています。

農業生産の飛躍的な発展、近い将来に食糧問題を完全に解決しようというのが朝鮮労働党の揺るぎ無い意思で決心です。

(政策)

2021.10.16 サイト音声の聞き書き
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-10-17 (日) 19:20:38