収量の多い品種の育種のために

朝鮮で農業部門は、社会主義経済建設の重要な部門と位置づけられています。敬愛する最高指導者金正恩委員長の精力的な指導の下に農業部門で今、収量の多い品種をより多く育種するために努めています。

チュチェ104(2015)年5月、金正恩委員長はある農場を訪れました。農場の各所を見た金正恩委員長は、ここは私が一番関心を持っている農場だ、この農場が引き続き先頭に立つべきだと言って、深い信頼を寄せました。その後、農場の科学者、技術者は耕地面積が限られている国の実情に応じて、種子の改良に力を入れました。

日照りや寒さなどの悪天候でも、高くて安全な収穫が可能で、病害虫に強く、生育期日の短い収量の多い品種の作物を育種するのが、新しい品種の研究で農場が立てた目標でした。

種子の問題を解決してのみ食糧の問題を解決できる、これは国の繁栄のための愛国偉業だという金正恩委員長の言葉を肝に銘じて、科学者、技術者たちは研究にいっそう精を出しました。

チュチェ106(2017)年9月、金正恩委員長はまたもや農場を訪れました。明るい笑みを湛えて実り豊かな田畑を眺めていた金正恩委員長は、科学農作が良い、種子革命が良いという歌のくだりがおのずと出てくる、自信に満ちている、波打つ稲穂、トウモロコシの揺れる音が人民の笑い声のように聞こえる、と喜びに満ちて言いました。

人民の豊かな食生活のために農場を再び訪れ、農作について相談に乗ってくれる金正恩委員長に周りの人たちは、人民を一番思いやる偉人だと痛感しました。

今も、農場の科学者、技術者たちは朝鮮労働党の農業革命に関する方針にのっとり、収量の多い品種を育種するため研究に打ち込んでいます。

(今日の朝鮮)

IKE190305017_110.jpg
IKE190305017_111.jpg
2019年の記事
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-04-14 (日) 12:50:24