農業の発展目指す

朝鮮労働党第8回大会では農業生産を増やして人民の食糧問題・食問題を画期的に解決する為の対策が講じられました。

農業部門の中心的目標は2021年から5年間、党が示した穀物生産の目標を必ず達成し農業の持続可能な発展を促す物質的・技術的土台を固める事です。食糧に事欠いていれば国家の自存と自立を堅持し社会主義制度の優位性を発揮し、人民に潤いのある生活をもたらす事が出来ません。

党大会では国家の発展と国中の需要を綿密に打算した上で、農業部門で達成すべき穀物生産の目標を正しく規定しました。党の種子革命の方針に則って農業を科学的に行い低収穫地での収量を高め、耕地面積を増やし干拓地の利用率を最大限に高めれば穀物生産の目標を十分達成する事が出来ます。

農業の持続可能な発展を促す物質的・技術的土台を固めるのも大切です。農業は土地を対象にし季節に大きく左右されるので物質的・技術的土台を固めてこそ功を奏する部門です。

しっかりした土台の構築、即ち農業生産です。

如何なる不利な天候の下でも農業生産を安全に増やす為の物質的・技術的土台を固めなければなりません。現在だけでなく今後の生産も頼もしく裏打ち出来る物質的・技術的土台を構築すれば、農業生産の抜本からの転換と持続可能な発展を遂げる事が出来ます。

2021年から2025年までの5ヵ年計画期間に人民の食・衣・住の問題の解決で必ず突破口を開き、人民が肌で感じる実際の変化と革新をもたらそうというのが朝鮮労働党の確固たる決心です。

(政策)

2021.02.16 サイト音声の聞き書き
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-02-17 (水) 18:23:40