水族館の海水魚

ピョンヤンの景色の美しいテソン山*1のふもとに中央動物園があります。動物園には水族館もありますが、ここでは珍しい淡水魚とともに海水魚が銀鱗をひらめかせています。海へ行くことなく水族館でも海水魚の見物ができるのでみなが喜んでいます。

これまで水族館の海水は遠い海から車で運んで来なければなりませんでした。難しいこの海水問題が昨年から完全に解決されました。西海岸のナンポ*2からピョンヤン*3まで海水輸送システムが築かれたのです。水族館の人たちの口元はほころびました。

敬愛する金正恩元帥はこの水族館に深い関心を向けています。昨年の中央動物園の視察の時も、人民の幸せのためのことなので、寄って見なければ、といい、一番先に水族館から訪れました。

水族館のチーフ・エンジニア、キム・チョルリョンさんのお話です。

「金正恩元帥はクロソイ、マダイなどの海水魚と淡水魚を見て、餌の保障はどうしており、水はどう保障しているかをつぶさに聞きました。そして魚があわせて何匹で、そのうち、海水魚はどれぐらいいるかを聞き、海水魚の管理をよくして人々に見物させることについて教えました」

魚の飼育と海水の保障にいたるまで細かく気を配る元帥にみなは深い感動を覚えました。魚の管理をよくして水族館が人民の文化生活に大いに役立つようにと言うのは金正恩元帥の懇切な頼みでした。

今も水族館の海水魚を始め珍しい魚は見物客の目を楽しませています。

2013年の記事
 
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1 大城山(대성산)
*2 南浦(남포)
*3 平壌(평양)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-04-01 (土) 12:47:48