母親の思いで

共和国のどこへ行っても美しい希望の芽を育み未来の主人公に元気に育つ、子供達と生徒達の明るい笑顔をよく見かけます。スマートな制服に、『ミンドゥレ*1』ブランドのノートを詰めた『ソナム*2』ブランドのランドセルを背負って学校に通う生徒達。その屈託の無い笑みに子を持つ人皆が、国の担い手に育つ子供達の明るい未来を思い描いています。

生徒達の夢を5点満点に託した『ミンドゥレ』ブランドのノート。ここはミンドゥレ・ノート工場です。ミンドゥレというのはタンポポの事ですが、人々を幼い時の思い出に浸らせ郷愁をそそる花です。そのタンポポの絵が子供達のノートの表紙に描かれ、誰でも『ミンドゥレ』イコール、ノートと思えるようになったのは何の為でしょうか?

副局長ペク・ヨンギルさん。

「ミンドゥレ・ノート工場は敬愛する最高指導者金正恩委員長の細やかな指導によって建てられました。2016年1月、金正恩委員長は工場の名をミンドゥレ・ノート工場とつけてあげ、名ひとつも祖国愛が感じられ、民族の香りがあふれるようにつけるべきだと言いました。続けて工場で『ミンドゥレ』ブランドのノートを生産するなら、生徒たちが幼い時から自分のものが一番だと考えるだろうと言いました。また子供たちと生徒たちが使うノートの質を計らうためノートに字も書いてみました」

誰もが子供の頃から、この地の全てを大切にし愛する思いを持つようにしようとの金正恩委員長の気高い意図がノートに覗えます。

職員ハン・ジョンフンさん。

「2016年4月、工場に来た金正恩委員長はノートの生産ラインを見て、工場で生産するノートが全て気に入る、紙も良質で製本も非の打ち所がない、表紙のデザインにも工夫を凝らしている、と重ね重ね満足の意を表しました。そして、工場の人たちに、わが子に本を綴ってあげる母親の思いで良質のノートを沢山生産して、子供たちと生徒たちに送ろうと言いました」

金正恩委員長は『ミンドゥレ』ブランドのノートを貰って喜ぶ子供達の姿が心に浮かんで来て、明るく微笑みました。

職長ファン・ヒギョンさん。

「わが子には一番良いものを上げたいのが母親の思いです。金正恩委員長がいとしい子に本を綴ってあげる母親の思いで良質のノートを生産するようにと言う時、子を持つ母親として、偉大な父の熱くも細やかな思いやりを改めて感じました」

このように金正恩委員長の深い思い遣りの中子供達と生徒達は幸せに育っており、朝鮮の未来は果てし無く明るいものです。

(今日の朝鮮)

img_vok200409a_01.jpg
img_vok200409a_02.jpg
img_vok200409a_03.jpg
img_vok200409a_04.jpg
img_vok200409a_05.jpg
img_vok200409a_06.jpg
img_vok200409a_07.jpg
img_vok200409a_08.jpg
img_vok200409a_09.jpg
img_vok200409a_10.jpg
img_vok200409a_11.jpg
img_vok200409a_12.jpg
img_vok200409a_13.jpg
img_vok200409a_14.jpg
img_vok200409a_15.jpg
img_vok200409a_16.jpg
2020.04.09 サイト動画の聞き書き、字幕抜き書き
 

わが子にもっと良い物をたくさん上げようというのが母親の気持ちで、子のためにはすべてを捧げるのが母親なのです。国中の母親みなの思いそのままに敬愛する最高指導者金正恩委員長は、子供たちのために恩情の限りを尽くしています。

朝鮮の子供たちが大好きな「ミンドゥレ*1」ブランドのノートを生産する工場。チュチェ105(2016)年4月18日、金正恩委員長がこの「ミンドゥレ」ノート工場を訪れました。金正恩委員長はすべての生産工程がオートメ化、ライン化された工場の生産能力がとても大きいと言って喜びました。そしてわが子にノートを綴ってあげる母親の思いで、良質のノートをもっとたくさん生産して、子供たちと生徒、学生に供給しようと言いました。

国中の育児院と愛育院、初等学院と中等学院の子供たちと老人ホームの年寄りたちに供給する魚を獲っている朝鮮人民軍1月8日水産事業所。チュチェ105(2016)年11月16日、この事業所を訪れた金正恩委員長は、貯蔵庫ごと魚がいっぱい積まれているのを見るととても気分が良く、疲れもすっかり癒されるようだ、この水産事業所を創設した甲斐があると言って喜びました。この日、金正恩委員長は事業所の人みなが、子供たちの親、年寄りたちの息子、娘になった思いで、自分の心と国中の母親たちの心を込めて、魚をもっとたくさん獲って送ろうと言いました。

朝鮮の子供は誰もが「ソナム*2」ブランドのランドセルを背負って学校へ行き来します。このランドセルを生産するピョンヤン・カバン工場を金正恩委員長が訪ねたのはチュチェ106(2017)年1月4日のことでした。金正恩委員長はランドセルの色合いと模様、大きさはもとより、飾りつけと紐にいたるまで関心を持ち、生徒、学生用のランドセル1つを造ってもわが子のものを造る思いで、国中の母親の思いを込めて立派なものに造るべきだと念を押し、こう続けました。

昔から1人の子を育てるのに5万工数の手間がかかると言いました。ところが、われわれには数百万人の子がいます。これは朝鮮労働党が子に恵まれているということです。私は子供たちを育てるのにどんなに手数がかかっても、それを苦労でなく、幸福に思っています。

・・・まさに金正恩委員長にとって子供たちのための苦労は一番の喜びでした。

(今日の朝鮮)

ike200713004_001.jpg
ike200713004_002.jpg
ike200713004_003.jpg
2020年の記事
 
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1  ミンドーレ、ミンドルレ タンポポ、민들레
*2  松の木(소나무)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-08-12 (水) 17:40:42