ノート工場が伝える話

ピョンヤンにミンドルレ*1ノート工場が新築されました。ミンドルレノート工場は国中の子供と生徒、学生に供給するノートを生産する現代的な工場です。ミンドルレノート工場の主任技師リ・チョルマンさんのお話です。

「生前、偉大な金日成主席と金正日総書記は子供と生徒、学生に良質のノートを供給するため心を砕きました。主席と総書記の遺訓を忘れずにいた敬愛する金正恩元帥は昨年、ノート工場の建設を発案し完成予想案を見て、工場建設の詳しいことを何度も教えました。そして完工した工場の名をミンドルレノート工場と付けてあげました」

この1月、工場で生産されたノートのサンプルを見た金正恩元帥は4月、工場を訪れました。この日、元帥は量産されるノートを見て、良質のノートを貰って喜ぶ子供と生徒、学生を思うと、踊りでも踊りたい気持ちになると言って明るく微笑みました。

そしてオートメ化、ライン化された工場の生産能力がすごい、これでノートに対する全国的な需要を充分満たせる、これから原料と資材の国産化の比重を高めてノートをたくさん生産しなければならないと言いました。

この日、元帥は主席と総書記はノートのことで一生涯気を使った、ノートの生産のことでの数百回の教えを通してもそのことがよく分かる、ミンドルレノート工場の建設で主席と総書記の遺訓をまた一つ実行した、現代的な工場で良質のノートが生産されるのを主席と総書記に見ていただいたならほんとうに喜んだだろうと言いました。

未来を大事にした主席と総書記の思いそのままに、育ち行く新しい世代が自分の物を大事にするようにと心を砕く元帥。元帥のその姿を仰ぐ工場の人みなが感動を抑えることが出来ませんでした。

この日、金正恩元帥は良質のノートをもっとたくさん生産しなければならないとし、子供の明るい笑みと幸せのために一瞬たりと生産をストップさせてはならないと言いました。

次の世代を大事にしたペクトゥ山*2の不世出の偉人たちによって何羨むものなく学び、育つ朝鮮の子供たちの顔にはいつも幸せそうな笑いが絶えないでしょう。

2016年の記事
 
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1 ミンドゥレ、ミンドーレ タンポポ、민들레
*2 白頭山(백두산)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-04-10 (月) 22:47:12