温情の中、建てられた工場*1

ピョンヤンには、子供と生徒、学生用のノートを専門的に生産する現代的なミンドゥレ・ノート工場があります。

ここで生産されるノートは、国中の子供と生徒、学生に定期的に供給されています。この工場にも、国の明るい未来のために何も惜しまない敬愛する最高指導者金正恩元帥の熱い思いが込められています。

タンポポ 花咲く故郷の丘、かけまわり 遊んだあのころ、と言う歌のくだりがありますが、その子供たちの明るい笑い声、幸せそうな姿を描いて、工場の名付け親となった元帥でした。ちなみにこのミンドゥレはタンポポの朝鮮語訳です*2

元帥は国事に多忙な中、工場の完成予想図も検討し、建設での懸案をすべて解決してやりました。チュチェ105(2016)年4月、金正恩元帥は新築されたこのミンドゥレ・ノート工場を訪れました。元帥は、その年の1月、サンプルとして生産したノートを見て本当に嬉しかった、良質のノートを貰って喜ぶ子供たちと生徒、学生のことを思うと本当に嬉しいと言いました。

元帥は、現代的なつくりの工場の生産工程を詳しく見て、ミンドゥレ・ノート工場の生産能力がたいしたものだ、全国的なノートの需要を円満に満たせると喜びました。元帥は、われわれが作った良質の学用品を子供たちと生徒、学生に供給するのは、自分の物を大事にし、愛する心を植えつけるのに重要な意義があるとし、この工場は労働党が一番関心を向ける工場だと言いました。

そして、ミンドゥレ・ノート工場から響き渡る生産正常化の機械の音は、われわれ子供たちと生徒、学生が歌う「われら幸せ歌う」の歌声と同じだ、その明るい笑いと幸せのため、工場の生産を一時も止めてはならない、工場で提起される問題は労働党が全て受け持って解決してあげると熱く言いました。まさに、ミンドゥレ・ノート工場は、国中の子供と生徒、学生の父兄となって暖かく見守る金正恩元帥の温情の中、建てられた工場です。

今、この工場では、子供たちと生徒、学生に肉親の情を注ぎ、次の世代のためのことを第1の国事とみなす元帥の配慮を末永く伝え、生産正常化に励んでいます。

(今日の朝鮮)

IKE180403001_001.jpg
IKE180403001_002.jpg
2018年の記事
 
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1 タイトルは原文ママ。分類の都合上ファイル名を「恩情の中、建てられた工場」として登録。
*2 ミンドーレ、ミンドルレ タンポポ、민들레

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-04-24 (火) 16:13:36