宝のような工場

敬愛する最高指導者金正恩委員長は、人民生活を高めるのに役立つ工場や企業を訪れるたびに親しみを込めて言う呼び名があります。宝のような工場という呼び名です。ピョンソン合成皮革工場もその中に入っています。

金正恩委員長はこの工場の生産と近代化に深い関心を持ち、ピョンソン合成皮革工場に必ず行ってみると言いました。そしてチュチェ105(2016)年7月のある日、工場を訪れました。この工場は偉大な金日成主席が敷地を見立てて名付け親となり、偉大な金正日総書記が晩年に訪ねたところです。

工場を現地指導する金日成主席と金正日総書記の写真など物件資料に見入っていた金正恩委員長は、主席と総書記の格別の関心の中、工場が人民生活を高めるのに役立つ国の宝のような工場に発展したと言いました。

この日、猛暑もいとわず、長い時間をかけて工場の各所を見た金正恩委員長は、ピョンソン合成皮革工場の任務と役割が重要だと言いました。そして工場が生産を飛躍的に増やすと共に、先進技術を取り入れて多色化、多様化した合成皮革をより多く生産することなど、工場の運営の指針を与えました。

別れを惜しむ工場の従業員の気持ちを見計らって共に記念写真を撮った金正恩委員長は、これからも宝のような工場と呼ばれるようにと、励ましました。

宝のような工場、この呼び名には1日も早く人民に裕福な生活をさせようとの金正恩委員長の意志が込められています。

(今日の朝鮮)

ike200509015_001.jpg
2020年の記事
 

ピョンソン合成皮革工場は全国的な需要を満たす能力の大きい工場です。1970年代の操業以来、人民生活の向上に寄与する宝のような工場です。

国内で指折りの製靴工場、カバン工場はもとより、合成皮革を利用する所なら、有無を言わせず、この工場の合成皮革を利用しています。そのため、敬愛する金正恩総書記が格別関心を持っているところでもあります。

製靴工場を現地指導する時、金正恩総書記は何度もピョンソン合成皮革工場に必ず行ってみると言い、工場で様々な良質の合成皮革を生産するよう対策も講じてやりました。

総書記が工場を訪れたのは、チュチェ105(2016)年7月11日でした。猛暑もいとわず、長い時間をかけて製品サンプル室とリニューアルされた生産現場を見た総書記は、生産正常化のことに詳しく触れました。

そして工場を離れる前に、宝のような工場の栄誉を引き続き馳せるようにと念を押しました。

(今日の朝鮮)

ike220213012_001.jpg
ike220213012_002.jpg
ike220213012_003.jpg
2022.03.20の記事
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-03-21 (月) 20:11:36