その指導を仰ぐ

ピョンソン合成皮革工場は、偉大な金日成主席と偉大な金正日総書記によって創設され、発展一路を辿ってきました。

久しい前のことですが、製靴工業の発展のために工場の敷地を見定め、設備も送った金日成主席は工場の名付け親となり、百数十回も生産の懸案解決のことを教えるなど、工場の行く手を示しました。金正日総書記は主席の指導の足跡が印された工場の実態を常々聞いてみて、必要なすべての対策を講じ、晩年のチュチェ100(2011)年10月には工場を訪れて、近代化のための措置を取りました。

チュチェ105(2016)年7月11日、敬愛する最高指導者金正恩委員長が工場を訪れました。

解説係りのアン・ヨングムさんのお話です。

「金正恩委員長は革命指導で多忙な中、猛暑もいとわず工場を現地指導しました。この日、金正恩委員長は主席と総書記の現地指導の標識碑を見て、新築された革命事績教育室と沿革紹介室も見ました。金正恩委員長は革命事績教育室にかけてある主席と総書記の写真に見入り、工場に秘められた主席と総書記の不滅の指導の業績について感慨深く思い起こしました。そして貴重な写真をよく保存したと言いました」

この日、金正恩委員長は工場が主席と総書記の格別の恩愛の中、人民生活の向上に大いに役立つ国の宝のような工場に発展した、工場の労働者は主席と総書記が深い関心を持ち、重視した工場で働くと言う大きな誇りを胸に、仕事に励まなければならないと言いました。そして満足の中、工場を見た、このように移り変わった近代的な工場を主席と総書記に見ていただいたならどんなに良いことだろうと言いました。

今、工場の労働者は金正恩委員長の意に則り、主席と総書記の不滅の業績を末永く輝かせるため仕事に励んでいます。

(今日の朝鮮)

ike200915009_001.jpg
ike200915009_003.jpg
2020年の記事
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-10-28 (水) 21:06:34