労働者の寮に秘められた恩情

ピョンヤンのテドン川*1の辺に位置している金正淑ピョンヤン紡織工場に労働者のための寮があります。この寮は、色々な便益サービス施設が立派に整えられ、労働者の宮殿、労働者のホテルとも呼ばれています。この寮には、敬愛する最高指導者金正恩委員長の恩情が込められています。

チュチェ102(2013)年10月、金正恩委員長は金正淑ピョンヤン紡織工場を訪れました。金正恩委員長は、工場で生産を正常化し、品質を高めるためには生産の直接の担当者である労働者の生活条件の保障に第一義的な関心を払うべきだとし、寮を立派に建ててやる、と言いました。

金正恩委員長は、寮の敷地を見立て、建設の段階別目標と建設チームのことなど懸案をすべて解決してやりました。金正恩委員長の細やかな指導によって寮は短期間に建てられました。

チュチェ103(2014)年4月、完工した労働者の寮に赴いた金正恩委員長は、本当に素晴らしいと言って、工場の労働者との約束を守ることができた、ととても喜びました。そして、寮の各所を見て、浴場も遜色がなく建てられ、食事室は宴会場のようだ、厨房設備も近代的で最新式だ、と評価しました。金正恩委員長はとても気分がよい、立派なつくりの労働者の寮でメーデー記念の労働者の盛大な宴会を設けよう、と言いました。

金正淑ピョンヤン紡織工場の労働者シン・ウンヒャンさんのお話です。

「本当に夢のようでした。寮に入ってからは日が経ち、日が暮れるのがいつのやら、全く分からないくらいでした。素晴らしい寮を建ててくれた金正恩委員長の温情が思われてなりません。今も1日の仕事を終えて寮に帰ると優しい母親のいる生家に入るようです。私たちはこれから宮殿のような寮を建ててくれた金正恩委員長の恩情と信頼に高い生産の実績で報いるつもりです」

(今日の朝鮮)

IKE181208022_001.jpg
IKE181208022_002.jpg
IKE181208022_003.jpg
2019年の記事
 
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1 大同川(大同江、대동강)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-01-27 (日) 11:11:44