再び大地を闊歩する娘

話題の主人公は、ピョンヤン市*1ソンギョ区域*2のヨンジェという町*3にすむチェ・スリョンさんです。

7年前、現代医学はチェさんに一生歩けないという恐ろしい結論を下しました。20歳の娘盛りで介抱者なしには座ることも出来ない無力な存在になってしまいました。

チェさんは全てを諦めました。両親も一人娘はもうだめだとくずおれました。その時、お医者さんたちはこんな病気を治療した経験があるので必ず治してみようと励まし、チェさんを専門病院へ連れて行きました。

金日成総合大学ピョンヤン医科大学病院ではチェさんに対する徹底的な検診が行われました。その結果、積極的な回復治療を受ければ歩くことが出来るとの希望が与えられました。

あれから本格的な治療が始まりました。大学病院とキムマンユ病院*4をはじめピョンヤンの有名病院の有能な先生たちが治療に取り掛かりました。

朝鮮には長患いに親孝行なしという諺があります。しかし、チェさんの担当医は増えるばかりで、治療対策も次々と取られました。先端技術を導入した大手術を2回、MRI、磁気共鳴画像法による検査は7回、リハビリ治療、多量の血液と高価な薬も投与されました。

年を重ねるほど、チェさんのカルテは厚くなるばかりですが、計算書はありません。本人も母親も長期間の治療費を計算してみたことがありません。とうとう、チェさんは初めは膝で歩き、次は杖に頼って、今は杖なしに歩くようになりました。

杖を捨てて退院する日、チェさんはこう語りました。

「私は普通の除隊将校の娘です。共和国の社会主義保健医療制度が私を見守り、先生たちが真心を尽くしてくれています。私でなく、他の誰であっても、また、7年でなく、17年であっても、先生たちは必ずこの地に立たせてくれるものと信じて止みません」

チェ・スリョンさんは療養所へ向かいました。チェさんの治療は続きます。

2014年の記事
 


TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1 平壌市(평양시)
*2 船橋区域(선교구역)
*3 永済洞(영제동)
*4 金萬有病院(キムマニュびょういん、김만유병원)は、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)にある総合病院。(Wikipedia)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-04-11 (火) 22:02:29