99%と1%

チュチェ102(2013)年1月28日と29日、朝鮮労働党第4回細胞書記大会が行われました。

敬愛する最高指導者金正恩委員長が歴史的な演説を行いました。金正恩委員長は演説で、党細胞の機能と役割を一段と高めるための課題を示しました。その一つが、大衆に働きかけて、広範な大衆が朝鮮労働党と血縁のつながりで固く結ばれるようにすることでした。

大衆は党が頼りにする大衆的基盤です。党が大衆の支持と信頼を失えば大衆的基盤を失い、しまいには存在そのものもできません。労働党内に多くの党組織がありますが、大衆に一番近い組織は党細胞です。大衆は党細胞を通じて労働党の息吹を感じ、血縁のつながりを保っています。

金正恩委員長は演説で、人は石仏でないので、仕事や生活の過程に過ちを犯すこともあり、許せない重罪を犯すこともあるだろう、でも、大きな過ちや罪を犯した人であっても、99%の短所があり、1%の長所、良心があるなら、その良心を大切にして、思い切って信じて、受け入れ、再生の道へと導くべきだ、と言いました。

病の子、傷ついた子をもっと気遣い、温かく包みこんで、見守るのが母なる労働党です。

(今日の朝鮮)

ike201213006_001.jpg
ike201213006_002.jpg
2021.01.08の記事
 
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-01-09 (土) 20:19:54