人民に滅私奉仕する党に

チュチェ101(2012)年4月11日、敬愛する金正恩同志が朝鮮労働党の首位に立ちました。それ以来、金正恩総書記は人民への滅私奉仕が党の存在方式、革命的党風になるよう導きました。

チュチェ102(2013)年1月に開かれた朝鮮労働党第4回細胞書記大会で金正恩総書記は、偉大な金日成主席と偉大な金正日国防委員長に仕えたように人民を大事にし、人民のために全てを尽くすのが労働党の揺ぎ無い決心だと言いました。こうした観点から総書記は人民の便益を最優先、絶対視するのをあらゆる思索と活動の出発点にしました。

また、「全党が偉大な人民に滅私奉仕しよう!」、「全てを人民のために、全てを人民大衆に依拠して!」と言うスローガンを示し、人民への滅私奉仕の道を歩み続けました。常に、人民が喜んでいるのか、何よりも人民の便宜を図るべきだ、人民が多く訪ねてくるようにするべきだ、人民のためなら何も惜しむものはない、やるからには満点のものを作って人民にプレゼントしよう、と言った総書記でした。

チュチェ105(2016)9月14日、ピョンヤンに新築された保健酸素工場を訪れたときのことです。さほど大きくない工場でしたが、人民の生命を守り、健康増進に役立つ極めて重要な工場でした。

工場を見た総書記は、人民のためになるやり甲斐あることをまた一つやって嬉しい気持ちだ、このように仕事の甲斐があって革命をするのだ、と言いました。そして、この工場には人民のためなら空の星をもとって来、石の上にも花を咲かせるべきだという朝鮮労働党の人民に対する観点、人民への滅私奉仕の精神が集約されていると熱く言いました。

人民のためなら、わが身が一粒の砂になって散らばっても惜しくないと言う意志であらゆる苦労もいとわない金正恩総書記です。金正恩総書記は心配なく過ごす人より、気苦労する人の傍にいるべきだと言って、党活動家に滅私奉仕の真意を諭しました。

人民が苦しむほどその中に深く入って苦楽を共にしながら勇気を持たせ、誠意を尽くして助けるのが労働党の最優先の課題の一つで、嬉しいときも苦しいときも常に人民と共にいる党中央委員会になるべきだと言うのが総書記の意志です。

ピョンヤン市*1ポトンガン区域*2総合洋服店のリ・ヒョギョンさんのお話です。

「人民に滅私奉仕する、まさにこれが私たちが持つべき観点、立場です。人民に忠実に仕える人が党に忠実な人だと思います。私は金正恩総書記の意図通り、何かにつけ、従業員のことを先ず思い、その生活に深い関心を向けるつもりです。わが子のために心を砕く母のように従業員のために、一つでも良いことをやるため全身全霊を打ち込むでしょう」

人民に滅私奉仕する朝鮮労働党!

それで朝鮮人民は労働党に運命と未来をすべて委ね、嬉しい時も苦しい時も変わることなく労働党を母なる党と呼び慕っています。

(今日の朝鮮)

ike210915026_001.jpg
2021.11.01の記事


TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1 平壌市(평양시)
*2 普通江区域(보통강구역)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-11-02 (火) 19:16:05