共和国の植樹デー

毎年3月2日は共和国の植樹デーです。春は天候と植物の生態学的要求からして植樹にもっとも適した時期です。

金日成総合大学生命科学部の教員、アカデミー会員候補、教授、博士のカン・インシクさんのお話です。

「春に木を植えますと、木がまだ寝から覚めていない時なので、どんな木でもよく育ちます。凍っていた地面が解けはじめるので根が水を活発に吸い取るわけですが、この時、栄養物質と植物ホルモンが溶けて一緒に吸収されるのです。それで木の活着率を高めることになるのです」

植樹のもっとも適した時期に一本の木でもたくさん植えて街と村を緑に覆われた社会主義の仙境につくるのは朝鮮人民の一致した思いです。朝鮮人民はだれもが愛国の一念に燃えて植樹に励んでいます。植樹デーを迎えて国中のいたるところで多くの木を植えています。

国土環境保護省ハン・デウンさんのお話です。

「それぞれの地域の気候と土壌の条件に合わせて敵地を正しく見定め、遠い将来を見通して木を合理的に植えています。特に良い種類の広葉樹と針葉樹を地帯の特性に合わせて植えています。穴を掘ってその中に肥やしを入れ、その上に木を植えつけて固めてやり、水をやる、このすべての工程を技術書の要求どおりに行うようにしています」

植えた木をよく管理し、活着率を高めるための手配も綿密に行っています。

今、朝鮮人民は「国中を森のように、公園のように、果樹園のように!」というスローガンを高く掲げて木を沢山植えて次の世代に風致に恵まれ、豊かな資源溢れる国土を譲り渡すため奮闘しています。

2015年の記事
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-03-09 (木) 22:01:10