朝鮮での春の植樹

朝鮮で3月は春の季節です。この時節は、植物の生態学の面から見て、植樹にもってこいの時期です。朝鮮では3月2日が植樹デーとなっていますが、この日を機に山と野原、村々など至るところで植樹が国挙げてのキャンペーンに展開されます。

今年も例外でなく、労働党員と人民軍軍人、人民みなが山林復旧に本腰を入れています。今年も適期を逃さず、一本の木でももっと植えて故郷の森を生い茂らせ、国中を森のように、公園のように、果樹園のように作ろうと誰もが奮闘しています。

春の植樹では、できるだけ寒さに強い樹木を植えるのがポイントとされています。また、地元の気候、土壌に合う樹木を選んで植えています。特に、植えた樹木の肥培管理をきちんと行なって活着率を高めることに力が入れられています。

今、朝鮮人民は自分の植える一本一本の木が国の富となり、幸福の元手になるよう春の植樹で愛国の汗を流しています。

2016年の記事
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-03-09 (木) 22:02:47