自慢話をする時は

ピョンヤンにあるモランボン・コリョ薬工場はさほど大きくない工場ですが、自慢話はたくさんあります。毎年、年間計画を上回って達成すると言う自慢、工場の近代化をハイレベルで実現したと言う自慢、みなが家族のように思いやりながら働くと言う自慢・・・

ここの従業員が工場の自慢話をする時、話題に乗せる話があります。何もかも自慢するのですから、他にまた何の話かしら。はい、草花の栽培についての話です。

モランボン・コリョ薬工場の労働者リ・ヨンオクさんのお話を聞いてみましょう。

「工場の従業員は草花の栽培にとても深い関心を持っています。草花の栽培に深入りするほど、従業員は豊かな感情や情緒を持つようになりますね。 そして仕事に意欲的に取り組むし、創造的熱意も示すようになりますね。これがそのまま、生産の成果につながると言えるでしょう」

生産で忙しい中でもみなが、暇さえあれば草花の栽培の本を見るなど常識を広めているとのことです。事務室と工場の構内はもちろん、従業員の家に行ってみても色々な草花を見ることができます。これが栽培されている草花の一部の写真です。従業員にとって草花の栽培は一つの共通した情緒生活となりました。

情緒生活をする人だけが熱い人情味を持って、仕事でも高い成果を収めることができると言うのが、この工場の従業員のお話です。

(今日の朝鮮)

ike211112060_001.jpg
2021.12.03の記事
 
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-12-04 (土) 19:27:56