第105戦車師団

第105戦車師団(제105전차사단)は朝鮮人民軍の師団の1つ。第105機甲師団(제105기갑사단)と表記される場合もある。

第105機甲師団
創設1949年5月16日
所属政体朝鮮民主主義人民共和国
所属組織朝鮮人民軍陸軍
部隊編制単位師団
兵科機甲
主な戦歴朝鮮戦争

歴史

ソ連は北朝鮮に500両の戦車を供与して2個戦車師団を創設する計画であったが、韓国陸軍の対戦車装備の実態と韓国の地形と道路網、とくに橋梁の貧弱さに驚き、給与量を242両に削減し、1個旅団の創設に切り替えた。

1947年5月頃、平壌寺洞に駐屯していたソ連軍戦車師団内でT-34戦車隊基幹要員の教育を始め、1948年初めに撤退するソ連軍戦車師団から1個旅団分のT-34戦車150両を残置させ、ピョートル・ツォイを人民軍少将に任命して第115戦車連隊長に補した。

ソ連生まれの2世や第1軍官学校卒業生及び戦車講習所を修了した兵士を編入して1949年5月に第105戦車旅団を創設した。第105戦車旅団は第107、109、203の3個戦車連隊と第206機械化連隊、自走砲大隊、第303機動偵察隊、第208教導連隊及び、通信、工兵、運輸、整備、軍医の各大隊からなり、総員8800人、装備はT-34戦車150両、SU-76自走砲90両が主体であった。旅団長は柳京洙が就任した。

1949年10月頃になると以下のように分散配備して各種訓練を行っていた。

  • 旅団司令部と直轄部隊 - 平壌・寺洞
  • 第107戦車連隊 - 平壌・寺洞
  • 第208教導連隊 - 平壌・寺洞
  • 第109戦車連隊 - 黄海道・南川
  • 第203戦車連隊 - 江原道・鉄原

国境会戦では第1、3、4、6師団にそれぞれ第203、109、107戦車連隊、第206機械化連隊を支援のため配備した。ソウル陥落後はソウルの称号が与えられ、師団に昇格した*1

(Wikipedia)
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1 朝鮮人民軍近衛ソウル柳京洙第105戦車師団

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-03-11 (土) 10:51:06