先軍の旗を高く掲げて

1990年代の後半、朝鮮は「苦難の行軍」、強行軍といわれるほどとても苦しい時にありました。自主的な人民として生きるのか、それとも帝国主義の奴隷になるかと言う岐路に立たされた時でした。帝国主義は朝鮮の社会主義制度を崩すため政治的・軍事的プレッシャーと侵略策動、経済的封じ込めと思想的・文化的浸透策動にいつになく躍起になっていました。

こうした時、偉大な金正日総書記は、ある射撃場で共和国の自主的尊厳と栄誉を守り、必勝不敗の威容を轟かすゆるぎない意志を示しました。共和国を押しつぶそうとする敵には銃で立ち向かい、敵の強硬には超強硬で立ち向かうというゆるぎない意志で、総書記は人民軍を主力にして社会主義建設全般を推し進めました。

そして軍事境界線のところのパンムンジョム*1とテドク山*2、チエ山、そして351高地と1211高地、チョル峰*3とオソン山*4など、人民軍軍人がいるところはみな訪ねて、無敵の力と勇気を与えました。総書記はその時のことを感慨深く思い起こし、どんな高い代償を払ってでも社会主義を守り通すため、前線視察を続けてきたと胸熱く言いました。

偉大な先軍の総帥の下でいかなる強敵も手出しできない強い革命軍隊になった朝鮮人民軍は、人民大衆中心の社会主義制度を武力で固く守っています。そして人民軍軍人たちは、国の防衛も社会主義建設もみな引き受ける不屈の革命の信念を胸に、発電所と牧場、養魚場などを国のいたるところに建設しました。

敬愛する金正日総書記そのままのまた一人の偉大な先軍の総帥を革命武力の首位に戴いた朝鮮人民には明るい前途が開かれ、人民軍の威力は何倍にも強くなっています。

金正恩同志の周りに一丸となった朝鮮人民は、金正日総書記が掲げた先軍の旗をさらに高く掲げてチュチェの革命偉業、先軍革命偉業の最終的勝利目指して力強く進むでしょう。

IKE111205003_12.jpg
IKE111205003_22.jpg
2012年の記事
 

今年の8月25日は、偉大な金正日総書記が先軍革命指導を始めてから57周年になる日です。

有意義なこの日を迎え、朝鮮の軍隊と人民は、偉大な金日成主席が取り戻した国を輝かせ、繁栄の時代を開いた不世出の愛国者である金正日総書記に心からの敬意と最大の栄光を送っています。

絶え間ない先軍の道

-チュチェ49(1960)年8月25日、金正日総書記が国と民族、社会主義偉業の運命に対する崇高な使命感を持って、朝鮮人民軍近衛ソウル・リュギョンス第105戦車師団に革命指導の初の足跡を印したのは、革命武力の強化とチュチェの革命偉業で大きな意義のある特筆すべき出来事でした。歴史のその日から、総書記は半世紀以上の長年に渡って、先軍の道を歩み続けました。

-はい、総書記が歩んだ先軍の道は、厳しい試練を乗り越えて昼夜分かたず、革命を前進させなければならない犠牲的な献身の道でした。その道で総書記が尽くした苦労について、一言では言い表せません。

-そうです。苦難の行軍と呼ばれるほど厳しい試練の時、武力強化の道を選んだ総書記の一日一日は、文字通り、強行軍の連続でした。鉄の意志と超人的な精力で、チョル峰*3とオソン山*4、チョ島*5とパンムンジョム*1を始め国を守る前哨を絶え間なく訪れ、生涯を閉じるまで、一年に百数十の武力部門を視察した事は今も、人民軍軍人と人民の胸を強く打っています。

-総書記が数々の厳しい試練を乗り越えて、生涯、先軍の旗を高く掲げて革命を導いたので、朝鮮人民は血潮にじむ革命の獲得物を固く守り、国の権威と尊厳、国力を最高の境地に引き上げることができました。そして、今は先軍の旗の下、社会主義経済強国、文明国づくりで目覚しい成果を収めています。

-正に、朝鮮人民の成果は、総書記が生涯、歩んだ先軍の道あってこそのものです。朝鮮人民は、国と人民に明るい前途を開いた不世出の愛国者金正日総書記の不滅の業績を永遠に忘れないでしょう。

社会科学院の金日成主席と金正日総書記の革命歴史研究所の研究室主任チャン・ウンイルさんのお話です。

万代に輝く不滅の業績

「偉大な金正日総書記は先軍政治を行って、末永く輝く不滅の業績を残しました。総書記は、先軍と言う前人未到の道で、先軍革命思想を全面的に確立し、先軍政治を社会主義の基本的政治方式と定義づけて、革命実践に見事に具現しました。1990年代以降、共和国がアメリカを頭とする世界の帝国主義連合勢力と単独で立ち向かって、社会主義防衛戦で連戦連勝し、敵対勢力の絶え間ない制裁、封じ込めの中、不抜の政治思想の強国、世界的な軍事強国、核保有国となったのは、総書記の先軍革命路線の貴い実りでした。総書記のように、国と民族、時代と世界人民のために巨大な貢献をした傑出した指導者、不世出の愛国者、偉大な革命家は古今東西にいませんでした。海のように広く、天のように高い業績によって、総書記は朝鮮人民と世界の進歩的な人々に心から尊敬され、信頼され、敵対国の政治家たちも頭を下げる絶大な権威を持っていました。苦難を乗り越えて大繁栄期を迎えている今、朝鮮人民は、総書記は先見の明を持つ革命の大聖人であり、貴い革命の遺産を譲り渡した偉人であることを痛感しています」

先軍の総帥の強い意志

金正日総書記の聖なる先軍革命指導の歴史は、敬愛する最高指導者金正恩元帥によってそのまま引き継がれています。

金正恩元帥が、チュチェ101(2012)年の元旦、朝鮮人民軍近衛ソウル・リュギョンス第105戦車師団を訪れ、翌年3月の朝鮮労働党中央委員会総会で経済建設と核武力建設の併進路線を示したのは、金日成主席と金正日総書記の意志どおり、先軍の旗を高く掲げて、チュチェの社会主義強国を必ず建てる強い意志の宣言でした。

偉大な先軍の総帥の非凡な英知と精力的な指導の下、朝鮮では指導者、党、大衆の一心団結がいっそう強固になり、政治と軍事、経済と文化の全ての分野で世紀的な変革が相次いで起きています。

この7月28日、大陸間弾道ロケットファソン14型の第2回テスト発射にまたもや成功して、国の尊厳と威容を世界に轟かせている現実は、金正日総書記の先軍の業績を輝かせている金正恩元帥の先軍指導の実りです。

百戦百勝を印してきた金日成主席と金正日総書記の聖なる先軍革命の歴史と業績が朝鮮人民を励まし、不世出の先軍の総帥の老練な導きがあって、チュチェの先軍革命偉業の行く手はばら色に輝いています。

朝鮮人民は、金正恩元帥の導きの下、先軍の旗をいっそう高く掲げ、偉大な金日成、金正日朝鮮の美しい未来を創造していくでしょう。

IKE170708009_001.jpg
IKE170708009_825.jpg
IKE170708009_876.jpg
2017年の記事
 

チュチェ82(1993)年4月9日、偉大な金正日総書記は朝鮮民主主義人民共和国国防委員会委員長に選出されました。

チュチェ49(1960)年8月25日、朝鮮人民軍近衛ソウル・リュ・ギョンス第105戦車師団に先軍革命指導の初の足跡を印した時から、金正日国防委員長は常に軍事を優先させ、その威力で百戦百勝の道を開いてきました。国防委員長の卓越した先軍革命指導があって、相次ぐ自然災害と敵対勢力の執拗な孤立押しつぶし策動で困難が重なっていた1990年代も朝鮮人民は勝ち抜きました。

チュチェ84(1995)年の元旦、小松林の中の人民軍部隊を訪れた国防委員長は、これからも塹壕の土のにおいも嗅いで、軍人たちと生死と苦楽を共にし、砲煙弾雨も共にくぐる最高司令官になると言いましたが、この言葉は先軍革命の歴史に刻まれています。

国防委員長は兵士たちがいるところなら、遠い道も厭わず、昼となく、夜となく、また雪の日、雨の日、危険を冒してまで訪ねていきました。その道で「女性の海岸砲兵と薬用クリーム」、「国防委員長と兵士の綿入れ」といった兵士をおもんぱかる数々の話が生まれました。そして雨の中の訓練場と砲煙にくすぶる射撃場を訪ねて、軍人たちを思想と信念のつわもの、一当百、一騎当千のつわものに育てるという苦労を顧みなかった話も今に伝えられています。

このように金正日国防委員長は先軍の旗を高く掲げて、人民軍を無敵必勝の強兵に育て、国の防衛力を全面的に固めました。それで、社会主義を固く守り、強国造りのしっかりした土台を築いた国防委員長の貴い業績をいつまでも輝かせる朝鮮人民の一致した意思と念願通りに、チュチェ101(2012)年4月13日の最高人民会議第12期第5回会議は金正日国防委員長を共和国の永遠の国防委員会委員長に推挙しました。

国防委員長の愛国の念願、強国の念願は敬愛する金正恩総書記の正しい導きによって見事に実現しています。

(フィーチャー)

ike220316043_001.jpg
ike220316043_002.jpg
ike220316043_003.jpg
ike220316043_004.jpg
ike220316043_005.jpg
2022.04.07の記事
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1  板門店(판문점)
*2  大徳山(대덕산)
*3  鉄嶺(철령)
*4  五聖山(오성산)
*5  椒島(초도)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-04-08 (金) 20:13:10