真の主人

共和国のカンウォン道*1にあるカルマ食品工場です。この工場で生産されているシーフードの加工品は多様な種類、品質また高いことで評判です。

工場の経営活動で注目されるのは、毎月行われている工場主催の品評会です。品評会には工場の人たちが余暇を利用して作った様々な加工製品が出品されています。

最初は一部の人だけがこの品評会に参加していました。工場では審議で合格された製品に対する経験討論会を度々行い、それに応じた評価もしました。特別優れた製品はその技術に基づいて大量生産にまで組み入れました。これに従業員が関心を持ち、熱意を示しました。

退勤時間は過ぎましたが、科学技術普及室のドアは開けっ放しで、1つでももっと深く知るため議論をたたかわす従業員が増え続けました。その結果、科学技術の学習熱と競争意欲はふくらみ、技術・技能の水準は著しく高まりました。同時に、イカの塩辛、すけそうだらの塩漬け、えらの塩漬けなど、加工品の種類も多様になり、品質も改善されました。

今は毎月行われる品評会に工場の殆どの人が参加しています。

工場の人たちは誰もが、「科学技術の主人が工場の真の主人になれる」、と言っています。

(今日の朝鮮)

ike200807029_001.jpg
ike200807029_002.jpg
2020年の記事
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1 江原道(강원도)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-09-20 (日) 19:18:59