カルマ食品工場

カルマ食品工場は共和国の東海岸地区にあるモダンな魚加工工場です。工場ではメンタイの腹子漬けや干しメンタイ、するめなど良質のシーフードを生産しています。カルマ食品工場にも人民の食生活のことで腐心する敬愛する金正恩元帥の熱い人民愛が秘められています。

元帥は工場の建設を発案し、東海岸のあつらえ向きの場所に用地を見立て、何度も建設についての貴重な教えを与えました。チュチェ103(2014)年6月、金正恩元帥は先軍革命指導の多忙な中にも新築されたカルマ食品工場を訪れました。コントロール室や加工室、冷凍室など各生産工程を見た元帥は、工場を新世紀にふさわしい魚加工工場のモデルにもっと立派に作るべきだとし、その方途を1つ1つ教えました。

そして、工場の中と外を完璧に作り、加工室の排水及び換気システムの構築、労働者の責任感とスキルを高める問題などつぶさに教えました。元帥は、工場では誰にも真似できない有名ブランド、製品をつくるべきだとし、企業戦略と経営戦略を徹底させ、工場の管理と運営をしっかり行うようにと教えました。

チュチェ103(2014)年8月、操業した工場を訪れた金正恩元帥は、工場が立派に建設されたことに満足の意を表し、魚の加工品を量産して人民に送りましょうと言いました。実に、カルマ食品工場は元帥の労苦と人民愛の結晶なのです。

金正恩元帥の恩情によって建てられたカルマ食品工場はこれからも人民の食生活に大いに役立つでしょう。

2014年の記事
 

カルマ食品工場は朝鮮東海岸沿いのウォンサン市にあります。この食品工場ではたらこ、すけそうだらの腸の塩づけ、丸干しメンタイ、するめなど色々なシーフードを生産しています。

工場では総合コントロール室と第一次加工室、冷凍真空室、せん別包装室などシーフードの加工に必要な各生産工程を完備しています。そしてコンピューターによる統合生産システムを構築し、経営活動のIT化を高いレベルで実現しています。

工場には腸を取り出して冷凍したすけそうだらなどを真空状況の炉で温度を徐々に下げて水分を吸いだす昇化乾燥工程も整えられています。魚の加工から運搬、包装にいたる各生産工程は一つのラインになっています。この工場の加工品はその味と匂い、栄養成分がそのまま保存されていて、干したまま食べてもよく、特にある程度水に浸した後、調理したものは申し分ないものとして知られています。

チュチェ103(2014)年8月操業したこの工場は軍人建設者によってわずか7ヶ月の間に建設されました。工場では衛生安全と品質向上、包装の改善に力を入れています。特に科学技術知識普及室を活発に運営して労働者の技術と技能のレベルを絶えず高めています。

おいしく栄養価の高いシーフードを生産して人民に送るのが工場の目標です。今、工場の人たちは味と質共に好評を博するものを生産すると共に、この工場ならではのものを生産するために励んでいます。

2015年の記事
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-03-12 (日) 23:20:08