発電所の建設現場を訪れて

朝鮮では、増大する電力の需要を満たすため至るところに水力発電所を建設しています。ハムギョン北道*1のオラン川にも大規模な水力発電所が建てられています。この発電所が完工すれば多量の電気が生産され、数十キロメートルの水路ができて数千ヘクタールの耕地への灌水が実現し、経済的効率が極めて高いだけでなく、複数の人造湖が生まれて一円の風致を引き立てることになります。

チュチェ107(2018)年7月12日、敬愛する金正恩総書記は猛暑もいとわず険しい山を越えて、オラン川発電所の建設現場を訪れました。金正恩総書記が先に見たのは、建設のメインであるパルヒャン・ダムの建設現場でした。ダム工事が始まってだいぶ過ぎましたが、条件が不利で多額の投資が必要なため順調に捗らずにいました。

金正恩総書記はダム建設の難問について聞き、工事を早めるための対策を取りました。建設に必要な設備と資材をそのつど保障し、トラックや建設機械をフル稼働させて建設の速度と質を徹底的に保障するようにしました。ついで、竣工を控えたオラン川第5号発電所を見ては、効率がよく、近代的な発電設備を設置し、フル稼働させて電力生産を絶えず増やすべきだと言いました。

この日、総書記は、オラン川発電所の建設に党と国挙げての力を入れるべきだと再三強調しました。そして、発電所の建設者が、国の事情が苦しい中でも、陰日なたなく純潔な心を尽くして、これまで多くのことをしたと評価しました。さらに、国中がオラン川発電所の建設者と歩調を合わせ、総突撃戦に果敢に奮起しようと熱く呼びかけました。

総書記のアピールに応えて、国中がオラン川発電所の建設で沸きかえりました。特に、発電所の建設者は、建設の新たな工法を取り入れて、冬はダムの建設ができないという慣例を破って、日程通りに工事を進め、翌年の10月にパルヒャン・ダムの建設を見事に完成し、11月はオラン川第4号発電所の発電機室の工事を締めくくりました。

チュチェ108(2019)年12月4日、オラン川発電所のパルヒャン・ダムの竣工式が行われました。

まさに、金正恩総書記のオラン川発電所の建設現場に対する現地指導は、人民皆を奇跡的な成果の達成に呼び起こした原動力でした。

(今日の朝鮮)

ike210818014_001.jpg
ike210818014_002.jpg
2021.09.04の記事


TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1 咸鏡北道(함경북도)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-09-05 (日) 19:39:07