永遠の祝福の心

偉大な金正日総書記は世界の進歩的人々の心の中に生き続ける永遠の太陽です。社会主義偉業の勝利のために、世界の自主化偉業のために全てを尽くしたことで、世界の進歩的人々に心から称えられる金正日総書記、総書記への敬慕の念はなくなった後も深まるばかりです。

 
ike211111018_001.jpg

チュチェ101(2012)年4月13日、東欧・中央アジア地域チュチェ思想と先軍政治研究会国際連合代表団から金正日総書記に贈られた「ロシア潜水艦隊100周年」勲章です。代表団の一員として訪朝したロシア潜水兵協会の人が用意したこの勲章は、2012年4月19日のロシア潜水艦隊創立100周年を記念して新しく制定されたものです。勲章の上の部分にはロシア国章がレリーフされ、中心には潜水艦の模型とともに、「ロシア潜水艦隊100周年」と言うロシア語が刻まれています。代表団団長は、独創的な先軍政治で国防力の強化に大いに貢献した偉大な金正日総書記にこの勲章を贈ることを光栄の至りと思うと言いました。

 
ike211111018_002.jpg

チュチェ101(2012)年12月11日、ベトナム国家貯蔵総局の北東地域国家貯蔵局から金正日総書記に贈られた螺鈿細工の「独柱寺」と金属工芸「ベトナム国家貯蔵総局のマーク」です。螺鈿細工はベトナムの首都ハノイにある「独柱寺」と言うお寺を表したものです。家を支えている柱が一つしかないことで有名なお寺は独特な建築美を誇っています。金属工芸「ベトナム国家貯蔵総局のマーク」の中心には工業を象徴する歯車と農業を象徴する稲穂が浮き彫りになっています。そして金属工芸品の縁には健康と長寿、純潔を象徴する12匹の鶴といろいろな文様が刻まれています。

 
ike211111018_003.jpg

チュチェ102(2013)年10月21日、日本新社会党から金正日総書記に贈られた焼き物の花瓶です。贈り物は焼き物産地として有名な佐賀県有田地方の有能な陶芸家に特別注文してつくったものだと言います。「有田焼」は朝鮮の陶芸家が1616年、佐賀県の有田地方で初めて作ったもので、日本はもとより、世界的にも有名なものと知られています。日本新社会党訪朝団団長は、偉大な金正日総書記の永生を祈ってこの花瓶を贈る、総書記はなくなったが、朝鮮人民だけでなく、世界の進歩的人々の心の中に生き続ける、と言いました。

 
ike211111018_004.jpg

チュチェ103(2014)年12月6日、スイス・朝鮮委員会から金正日総書記に贈られたオルゴールです。蓋を開けるとチャイコフスキーのワルツが響くと言います。スイス・朝鮮委員会委員長は、偉大な金正日総書記はチュチェの文化芸術の新しい境地を開いた音楽の天才だとし、総書記の不滅の業績は永遠に不滅のものだと言う意味を込めて、このオルゴールを贈ると言いました。

金正日総書記の他界後、世界の進歩的人々から送られた百十数点の贈り物には、総書記への永遠の祝福の心が込められています。

(世界と朝鮮)

2021.12.12の記事
 
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-12-13 (月) 20:22:16