母の幸せ

11月16日は、共和国で初めて迎える母の日です。この日に際して、ピョンアン南道*1ピョンソン市*2ハチャ洞*3のある町は本当にお祭り気分です。

この町に住んでいるキム・ミョンスンさんがこの初の母の日にピョンヤンで盛大に開かれる歴史的な第4回全国母親大会に参加するからです。娘と親戚、近所の人たちから祝いの言葉を受けて、喜びにあふれるキムさん、その女性のプロフィールを広げてみましょう。

キムさんは、アメリカの侵略を退ける朝鮮人民の祖国解放戦争さなかの1950年9月に生まれましたが、父親の顔も知らずに育ちました。それは、戦争勃発直後に前線に出たお父さんがラクトン川で戦死したからでした。

国では、キムさんが思う存分学び育つようあらゆる措置をとってくれました。国の配慮に微力ながらも報いるためキムさんは3人の娘みなを国を守る軍人に育てあげました。

長女のチョン・ヨンオクさんは言います。

「私は、学生時代に大学に進学することを望んでいました。でも、母はおじいさんの烈士証書を見せながら、祖国を守る軍人になって敬愛する金正日将軍を銃で支えなければならないと言うのです。母のこの切なる頼みを肝に銘じ、軍隊に志願しました」

3人の娘みなが将軍の立派な軍隊になった時、キムさんはこの国の母としての誇りと幸せを感じました。

次女のチョン・ヨンボクさんのお話です。

「母は、娘3人を銃を手にした兵士に育てただけでなく、婿もみな除隊軍人を選びました。これを通じて軍隊支援は最大の愛国だとの思いで軍人家族の栄誉を引き続き守ろうとの母の熱い愛国心が一層よくわかりました」

先軍の時代に生きる母としての幸せ、これを胸に軍隊支援の道を歩んできたキムさんが、今日も娘たちとともにその道をつないでいます。このようなキムさんを国では今回の母親大会に呼んだのです。

キムさんのお話を聞いてみましょう。

「私の一生に、こんなにうれしく幸せな日々があるでしょうか。この国の母としての最大の幸せを下さった敬愛する金正恩元帥、本当に本当にありがとうございます」

2012年の記事


TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1 平安南道(평안남도)
*2 平城市(평성시)
*3 下次洞(하차동)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-04-11 (火) 16:57:11