朝鮮労働党の歴史に輝く建設同志社

百勝のみをとどろかしてきた朝鮮労働党の誇らしい歴史のルーツには最初の党組織、建設同志社があります。

1930年代の初期、新たな高い段階に発展した朝鮮の反日民族解放運動は、常備の革命武力を組織して本格的な遊撃戦争を展開することを求めていました。そのためには遊撃戦争を指導する党組織があるべきでした。

主体的な立場で党創立の方途を探していた偉大な金日成主席はチュチェ19(1930)年6月30日、卡倫(かりん)会議で、新しい世代の青年を根幹とする基礎党組織をつくり、それを拡大する方法で党を創立する方針を示しました。

この方針に従って主席は、党組織結成の必須の三大要素である指導思想、指導中核、大衆的基盤を全て整えた上で、チュチェ19(1930)年7月3日、卡倫の進明学校で会議を開き、最初の党組織の結成を宣布しました。そして党組織の名を建設同志社と付けました。

最初の党組織、建設同志社!

この名称には、同志の獲得から革命の第一歩を踏み出し、生死を共にする同志を絶えず探し求めて結束し、革命の勝利を達成しようと言う意志が反映されていました。最初の党組織、建設同志社は朝鮮労働党の胎児であり種子であり、党の基礎組織を結成し、拡大する上で母体としての意義を持つ組織でありました。

後日、金日成主席は、私は最初の党組織の結成を祝って、拳銃どころか大砲でもぶっ放したい気持ちだった、自らの党組織を持ち、朝鮮の党員として革命のために生涯を捧げることを時代と歴史の前に厳粛に誓ったわれわれの心は、言いようのない喜びと自負でふくれあがった、と当時の気持ちを書いています。

建設同志社の結成は、新型の革命的党創立における新しい世代の青年革命家たちの貴い勝利であり、反日革命闘争に抜本的な転機をもたらした歴史的な出来事でした。

このように抗日革命闘争の時、すでに党建設の基礎が強固に固められたので朝鮮労働党は長期に渡る間、勝利のみをとどろかし、軍隊と人民を奇跡と革新へと導く組織者、導き手となることができました。

新たなチュチェ100年代が始まる時、天が授けたまた一人の偉人である敬愛する金正恩元帥を首位に戴いたので、朝鮮労働党の未来はばら色に輝いています。

2013年の記事
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-04-11 (火) 13:59:50