初の党組織 建設同志社

朝鮮人民の全ての勝利の組織者であり導き手である朝鮮労働党はチュチェ34(1945)年10月10日に創立されました。

この朝鮮労働党のルーツ、初の党組織である建設同志社はチュチェ19(1930)年7月3日に生まれました。今年で85年になります。朝鮮労働党創立70周年を迎える朝鮮人民は、朝鮮労働党のルーツ、初の党組織である建設同志社が生まれた時のことを感慨深く思い起こしています。

1930年代初頭、朝鮮の革命家は新たな闘争課題を前にしていました。従来の反日闘争と異なる革命の常備軍による本格的な遊撃戦を繰り広げることが求められていました。そして遊撃戦を行うにはそれを導く党組織が必要でした。

偉大な金日成主席はチュチェ19(1930)年6月30日から中国東北地方の卡倫(かりん)という所で会議を開き、新しい世代の青年前衛を根幹にして基礎党組織を先に設け、それを拡大し、強化する方法で党を創立する方針を打ち出しました。

主席の精力的な導きによってチュチェ19(1930)年7月3日、初の党組織を結成する歴史的な会議が卡倫で行われました。会議ではチャ・グァンスキム・ヒョクチェ・チャンゴルなど新しい世代の青年前衛で初の党組織を結成しました。

主席は会議で「党組織の結成に際して」と言う演説をし、基礎党組織を急速に拡大してその統一的な指導システムを立て、隊伍の組織思想の統一と同志の団結を強固にし、革命の大衆的基盤を固める課題を打ち出しました。

そして、その実現方途としてすべての活動で自主的立場を堅持し、党組織の建設を反日闘争と密接に結びつけるようにしました。主席はその後、初の党組織に建設同志社と言う名を付けました。

初の党組織、建設同志社は労働党のルーツであり、党の基礎組織を拡大する上で母体としての意義を持つ組織でした。初の党組織が結成されてから朝鮮革命全般はチュチェ型の革命的党組織の統一的指導の下に前進する新たな道に入りました。

まさに主席が初の党組織、建設同志社を結成したのは新しいタイプの革命的党創立のための新しい世代の革命家の闘争で収められた貴重な勝利で、党創立のための組織と思想の基礎を築く上に転機をもたらした歴史的な出来事でした。

朝鮮人民の革命闘争の歴史で初めてチュチェ思想を指導思想とする初の党組織を結成した金日成主席の不滅の革命業績は栄えある朝鮮労働党の歴史と共に末永く輝いています。

2015年の記事
 

今年の7月3日は、朝鮮で自主的な党建設の道を切り開いた初の党組織である建設同志社が生まれてから86年になる日です。朝鮮人民は、朝鮮労働党のルーツ、初の党組織である建設同志社が生まれた時のことを感慨深く思い起こしています。

1930年代に入り、曲折の多い道を歩んでいた朝鮮人民の民族解放運動は、新しいタイプの革命的党組織の結成を切に求めていました。朝鮮革命の現状を洞察した偉大な金日成主席はチュチェ19(1930)年6月30日から中国東北地方の卡倫(かりん)という所で会議を開き、新しい世代の青年前衛を根幹にして基礎党組織を先に設け、それを拡大し、強化する方法で党を創立する方針を打ち出しました。

チュチェ19(1930)年7月3日、初の党組織を結成する歴史的な会議が行われました。主席は新しく結成された初の党組織に建設同志社と言う名を付けました。この名称には、生死を共にする同志を探し、結束して革命を発展させ、最後の勝利を達成しようとの主席の意志が込められています。

党建設のための朝鮮の革命家の闘争は、このときから更に力強く繰り広げられました。朝鮮労働党が70年あまりの長い間、革命と建設を勝利一路へと導くことが出来たのは、その歴史的ルーツが深く、固いものだったからです。

朝鮮労働党は、今、敬愛する金正恩元帥の導きの下、朝鮮人民の社会主義強国建設を力強く導いています。

2016年の記事
 

7月3日は、朝鮮で自主的な党建設の道を切り開いた初の党組織である建設同志社が生まれた日です。朝鮮人民は、朝鮮労働党のルーツ、初の党組織である建設同志社が生まれた時のことを感慨深く思い起こしています。

1930年代に入り、曲折の多い道を歩んでいた朝鮮人民の民族解放運動は、新しいタイプの革命的党組織の結成を切に求めていました。それは、革命の成敗が革命の参謀部である党の役割によって左右されるからでした。

朝鮮革命を導く強力な新しいタイプの党を創立する必要性を深く洞察した偉大な金日成主席は、絶え間ない思索と活動でその方途を模索しました。指導思想、中核的指導勢力、大衆的基盤、これが主席が見つけた党組織結成の必須の要素でした。

主席は党を結成するためには、急いで党中央を宣言するのでなく、党創立の組織と思想の基礎を固め、それに基づいて朝鮮革命の参謀部としての役割を果たせる党を創立するのが現実に適った最も適切な方法だとみなしました。

こうして、チュチェ19(1930)年夏、中国東北地方の卡倫(かりん)という所で会議を開きました。主席は会議で、朝鮮革命の指導思想を定義づけ、新しい世代の青年前衛を根幹にして基礎となる党組織を先に設け、それを拡大し、強化する方法で党を創立する方針を打ち出しました。

そして、新しく結成された初の党組織を建設同志社と命名しました。この名称には、生死を共にする同志を探し出し、結束して革命を発展させ、最後の勝利を達成しようとの主席の意志が込められています。

主席の正しい指導の下に生まれた初の党組織である建設同志社は、党の基礎組織を設け、拡大する上で母体としての意義を持つ組織でした。

建設同志社がルーツとなって創立された朝鮮労働党は今、百戦百勝の戦略と戦術で軍隊と人民を大飛躍へと呼び起こしており、歴史の渦の中でも、いささかも路線を間違えたり、逸することなく勝利一路をたどっています。

(偉人伝)

IKE180611001_002.jpg
2018年の記事
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-07-04 (水) 00:33:34