朝鮮労働党のルーツ、初の党組織

朝鮮労働党のルーツ、初の党組織についてお話します。

1945年10月10日は偉大な金日成主席が朝鮮労働党を創立した日です。この日を迎え朝鮮人民は、朝鮮労働党のルーツ、初の党組織である建設同志社が生まれた時のことを感慨深く思い起こしています。

1930年代初頭、幅と深度においてそれまでの反日闘争に比べようもなく高いレベルに発展した朝鮮の反日民族解放運動は、革命の常備軍を組織し、大部隊で本格的な遊撃戦を繰り広げることを求めていました。そして遊撃戦を行うにはそれを導く党組織が必要でした。

朝鮮人は朝鮮革命に寄与する自分の党を持たなければならないとの主体的立場で党創立の方途を探していた金日成主席は1930年6月30日から中国の卡倫(かりん)という所で会議を開き、新しい党創立方針を打ち出しました。

その方針とは、新しい世代の青年前衛を根幹にして基礎党組織を先に設け、それを拡大し、強化する方法で党を創立することでした。主席はまったく新しい党創立の方式も選び、指導思想と中核を準備し、大衆的地盤を築く上でも独自の道を進みました。

こうして1930年7月3日、ついに初の党組織、建設同志社が結成されました。同志、志を同じくする人がいてこそ勝利するという革命の哲理を見つけた主席は、大事な初の党組織に建設同志社という名を付けたのです。建設同志社の出版物も発行されました。

金日成主席のエネルギッシュな指導と活動によって初の党組織が生まれた後、国内に党組織が設けられ、短期間に武装隊が結成されました。そしてトゥマン川沿岸、北部国境一帯に多くの基礎党組織が設けられました。

その後、抗日革命のさなかに朝鮮人民革命軍党委員会が設けられて、部隊内の各級党組織は勿論、地方の党組織も掌握し、指導することによって、朝鮮革命に対する金日成主席の指導体系がさらに整然となりました。朝鮮革命は組織的に一層固まった主体的勢力に頼って抗日武装闘争と党建設を活発に行う新たな段階に入りました。

国の解放後2ヶ月足らずで朝鮮労働党の創立という歴史的な出来事がもたらされたのは、この貴い成果と経験があってのことです。

2012年の記事

今年の7月3日は、朝鮮で自主的な党建設の道を切り開いた初の党組織である建設同志社が生まれてから87年になる日です。朝鮮人民は、朝鮮労働党のルーツ、初の党組織である建設同志社が生まれた時のことを感慨深く思い起こしています。

1930年代に入り、曲折の多い道を歩んでいた朝鮮人民の民族解放運動は、新しいタイプの革命的党組織の結成を切に求めていました。朝鮮革命の現状を洞察した偉大な金日成主席はチュチェ19(1930)年6月30日から中国東北地方の卡倫(かりん)という所で会議を開き、新しい世代の青年前衛を根幹にして基礎党組織を先に設け、それを拡大し、強化する方法で党を創立する方針を打ち出しました。

チュチェ19(1930)年7月3日、初の党組織を結成する歴史的な会議が行われました。主席は新しく結成された初の党組織に建設同志社と言う名を付けました。この名称には、生死を共にする同志を探し、結束して革命を発展させ、最後の勝利を達成しようとの主席の意志が込められています。

党建設のための朝鮮の革命家の闘争は、このときから更に力強く繰り広げられました。朝鮮労働党が70年あまりの長い間、革命と建設を勝利一路へと導くことが出来たのは、その歴史的ルーツが深く、固いものだったからです。

朝鮮労働党は、今、敬愛する最高指導者金正恩元帥の導きの下、朝鮮人民の社会主義強国建設を力強く導いています。

IKE170607001_111.jpg
2017年の記事
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-07-04 (火) 19:25:00