古朝鮮の成文法「犯禁8条」

犯禁8条」は朝鮮初の奴隷制国家、古朝鮮の成文法です。犯禁というのは禁制を犯す、という意味です。古朝鮮の成文法「犯禁8条」は主に犯罪と刑罰について規定付けた法ですが、これには民法制度も含まれています。

社会科学院歴史研究所の研究室主任、博士、助教授のクォン・スンアンさんのお話です。

「『犯禁8条』はその八つの条文の中で三つだけが今に伝えられています。第一に、人を殺した者は即時死刑に処し、第二に、他人に傷を負わせた者は穀物で補償すべし、第三に、他人の物を盗んだ者は男であれ、女であれ関係なく盗まれた者の奴婢になり、もし罪を免れるためには50万のお金を出すべし、などなどと規定されています。このように『犯禁8条』は奴隷主を一方にし、奴隷と平民を他方にする両階級の敵対的対立と闘争が社会関係で基本となっていた古朝鮮時代の社会をそのまま反映した朝鮮民族の貴重な文化財です」

一般的に奴隷制国家の法では害を及ぼした者に対等な報復を加える「同害報復」の原則が適用されました。ところが「犯禁8条」ではこの原則が適用されず、損害を穀物で補償することになっています。

これは古朝鮮の成文法「犯禁8条」が当時としてはかなり発達した法であったことをそのまま見せています。

IKE160630021_12.jpg
2016年の記事
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-03-27 (月) 13:10:47