人民の食生活を潤す工場

ピョンヤンのマンギョンデ区域*1に人民の食生活に役立つクムソン食品工場があります。この工場が建てられたのはチュチェ42(1953)年10月6日で、当時はパンだけを生産する小さな工場でした。それから時代の発展と共に、工場は模様替えを繰り返してきました。

主任技師のチョン・グンチョルさんのお話です。

「工場では色々な加工食品の生産を専門にしていますが、人民の高まる需要に即して、品種を増やし、質を上げるのに力を入れています」

工場では、生産の土台をしっかりとした上で品種を増やすのに力を入れてきました。そして、工場の力と技術で食肉加工と豆腐、冷麺などの生産設備も新たに取り付けました。結果、工場の生産能力は日増しに高まり、品種も増えました。

その成果に満足せず、需要者の好みに合う独特な新製品の開発と生産を工場の主な目標にしました。工場の技術チームはアイディアを出し合って、新製品の生産に取り組んでいます。こうして、風味がある色々なパン類と燻製、焼き物、ハムなどの食肉加工品を量産して、人民の食生活を潤しています。

近年、スタッフ・ケーキの生産工程も新しく取り入れ、人民の味覚に合う加工法を発展させて、生産を正常化しています。人民の奉仕者という自覚を持って、美味しく栄養価の高い色々な食品をより多く生産するため、工場の人皆が努めています。

機械工のパク・ヨンオクさんのお話です。

「私たちが生産したキャンディーとビスケットを食べながら喜ぶ子供たちを思いますと、本当に働き甲斐があります。これから設備をフル稼働させて、市民により多くの食品を送るつもりです」

2014年の記事
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1 万景台区域(만경대구역)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-04-01 (土) 09:50:54