常に人民の利益を第一として

12月ともなりますと朝鮮人民は国の繁栄と人民の幸せのために自分の全てを捧げた偉大な金正日総書記の生涯について胸熱く思い起こしています。金正日総書記は人民の幸福に喜びを見出し、人民により豊かな生活をさせようと、1日の休みもなく現地指導の道を歩み続けました。

チュチェ100(2011)年3月、総書記はスタッフ・ケーキの生産工程をクムソン食品工場に新設するようにし、建設に必要な資材の供給対策を具体的に立てました。そして強力な建設チームまで派遣しました。そしてピョンヤン市内の各所に周りの風致に見合うような売店を設け、市民にぽかぽかしたスタッフ・ケーキを売ることにいたるまで詳しく教えました。

こうして共和国で初めてのスタッフ・ケーキの生産工程が生まれたのでした。総書記は偉大な生涯の最後の時期であるチュチェ100(2011)年9月、クムソン食品工場を訪れました。この日、クムソン食品工場に新設されたスタッフ・ケーキ職場の各所を見た金正日総書記は先ず、生産で衛生安全性を保障することに関心を持ちました。

そして、新しく築かれた生産土台に依拠してスタッフ・ケーキをより多く生産し、品質を最高のレベルで保障すること、移動式売店を市内の各所に設けて、ピョンヤン市民の食生活の向上に役立てることなどにも触れました。

わけてもぽかぽかしたスタッフ・ケーキを売ることを強調しました。軽い食べ物に過ぎないスタッフ・ケーキですが、それが市民の食生活の向上につながるものなので、それほど喜んで生産現場を見た総書記でした。

クムソン食品工場の支配人ク・チャンホさんのお話です。

「この日、金正日総書記はここ串焼きの作業班にも来ました。作業現場にオーブンが多く、熱が高いのでみなが引き止めましたが、総書記は直々ドアを開けて現場に入りました。オーブンの稼動を見つめ、熱風の推量をした金正日総書記はこのオーブンの前がとても蒸し暑いとし、ここで働く労働者が汗をたくさんかくだろうと言って、とても心配しました」

人民の食生活の向上のため、自分が捧げる労苦はものともせず、行く先々で人民の喜びと幸福を先ず思う総書記でした。

このように金正日総書記は常に人民の利益を第一として思索し、活動しました。

(偉人伝)

ike191101002_001.jpg
ike191101002_002.jpg
2019年の記事
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-12-05 (木) 18:41:07