気高い人民愛を胸に

12月ともなりますと、朝鮮人民は国の繁栄と人民の幸せのために全てを尽くした偉大な金正日総書記の人民愛の一生を胸熱く振り返っています。

人民の幸せに自分の喜びも、生きがいもあると言って、常に人民生活の向上のために腐心し、生涯を閉じるまで全国各地を絶え間なく訪れた金正日総書記でした。その熱い人民愛が秘められている所の1つが、クムソン食品工場のスタッフ・ケーキ職場です。

チュチェ100(2011)年3月、金正日総書記は鶏肉を入れたスタッフ・ケーキを沢山作って、人民に送ろう、とし、スタッフ・ケーキの生産工程をクムソン食品工場に増設するようにし、生産に必要な材料の供給対策も講じました。その後も、数回にわたって増設工事に必要なものを全て解決してやり、売り場もつくって、できたてのほやほやを人民に食べさせることに至るまで細やかに教えました。

このように、総書記の深い恩情の中、クムソン食品工場のスタッフ・ケーキ職場は短期間に立派に建てられました。総書記は、その年の9月、工場のスタッフ・ケーキ職場を訪れました。出迎えの人たちに、人民の食生活の向上のために美味しく栄養価の高いスタッフ・ケーキを生産する職場を見に来たと言って、生産工程を詳しく見ました。

スタッフ・ケーキ職場の職長キム・ギョンオクさんのお話です。

「この日、総書記は串焼き作業班も見ました。ここは、ガス・オーブンと電気オーブンから大量の熱が放出するので、とても暑いところです。同行した人たちが重ねて引き留めましたが、総書記は戸を開けて、作業現場に入りました。電気オーブンとガス・オーブンを見た総書記は、ガス・オーブンの前に近づいて、オーブンの前がとても暑い、ここで労働者たちが汗だくになって働くだろうと言って、大変心配しました。私たちは生産だけを考えて、そこまでは注意を向けませんでした。人民を一番大事にしている総書記だけは、労働者の健康から案じました」

総書記の心の中には、常に人民がいました。総書記は、ずらりと並ぶ生産設備と続々出てくるスタッフ・ケーキを見て、新世紀にふさわしく立派に造られたクムソン食品工場のスタッフ・ケーキ職場は、食品工業部門で先軍の時代を代表できるモデル職場だと言って、たいそう喜びました。そして、これまでご飯と汁を主食とした朝鮮人民の食生活に対する認識が変わり始めた、これは、足は自国の地に据え、目は世界に向けよ、と言う朝鮮労働党の政策の正しさと実践での力をはっきりと示している、と喜びに満ちて言いました。

この日、総書記は移動式のスタッフ・ケーキ売り場に行って、サービスの状況について聞き、こうした売り場を市内のいたるところに設ければ、市民の食生活がさらに便利になり、潤いを足すことができる、と詳しいことを教えました。食べ物の1つであるこのスタッフ・ケーキ、けれどもそれが人民の喜びを足してくれるのでこれほどまでに嬉しく、人民に献身的に尽くすことに楽しみを見出す金正日総書記、総書記は正に人民の父、人民の指導者でした。

今、朝鮮人民は人民重視、人民尊重、人民愛の政治を行っているまた1人の人民の指導者の下で幸せな生活を送っています。敬愛する最高指導者金正恩元帥がいれば、人民の幸せがもたらされるということをよく知っている朝鮮人民なので、その導きの下、国の繁栄のために奮闘しています。

IKE171107001_004.jpg
IKE171107001_005.jpg
IKE171107001_006.jpg
2017年の記事
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-12-06 (水) 17:13:14