人民の心に刻まれた歌

朝鮮人民が好んで歌う歌「党は私の母」!

チュチェ69(1980)年に、金日成賞を受賞したチョン・ドンウさんが作詞し、功労芸術家コ・スヨンさんが作曲したこの歌は朝鮮の劇映画「ある党活動家の物語」のテーマソングです。

夜明けの道を歩いても
たそがれの道を歩いても
子沢山の母のよう
夜昼となく気使う

歌は母の暖かい愛情でこの国の人みなを立派に育てる朝鮮労働党について歌い上げています。映画ではある山間部の郡の党委員会責任書記が郡内の住民の生活向上のために励み、親心で人々の悩み事を解決してくれる姿を描いています。

映画のモチーフを強く強調している、「党は私の母」、この歌を通じて人々は、わが子みなを暖かく見守り、正しい道へと導くその熱い思いやりを痛感するのです。母の愛は偽りのないものですが、その愛は家庭にとどまるといえます。

しかし、朝鮮労働党はこの家庭を超えて国中の人皆の運命を責任を持って見守る真の母なる党です。歌は母親の愛情で国中の人みなを省みる朝鮮労働党への限りない感謝の念を素朴で、飾り気のない詩語で歌いあげています。

胸の中の悲しみも
人に話せないことも
母の熱い愛で
夜が明けるまで見守る

嬉しくても先に呼ぶ名
悲しくても先に呼ぶ名
暖かい母の懐 党の懐
永久なる党の懐 党の懐

歌詞の内容に合わせてほのかで情緒豊かな感情を呼び起こすメロディーは人々の心を打つものがあります。この歌が作られて数十年になりますが、今も人々の心に人民に奉仕する朝鮮労働党の母なる姿を深く刻み付けています。

では、ピョンヤン映画音楽録音所の女声独唱でこの歌をお聞きいただきましょう。

2015年の記事
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-04-01 (土) 08:25:32