ペクトゥ山地域のユニークな地質構造(1)

朝鮮のペクトゥ山地域には噴火作用によってできた地質学上のユニークな構造があちこちで見られます。

ペクトゥ山*1の火山は鐘模様です。ペクトゥ山の火山の頂点には山が陥没してできた噴火口があり、この噴火口に水が溜まってカルデラ湖、ペクトゥ山のチョンジ*2がつくられました。

ペクトゥ山のチョンジはチャングン峰*3、ヒャンド峰*4、ヘッパル峰、ペクアム峰*5などからなる外輪状の山々に囲まれています。チョンジ噴火口には溶岩尖塔があります。

正日峰の岩塊は約200万年前に粘性の高い溶岩が噴出してできた溶岩尖塔からなっています。標高は1798メートルです。この溶岩尖塔の全面上部の幅は50メートル、下部の幅は80メートルの急傾斜の絶壁からなり、南側の傾斜面は高さ100メートルそこそこの絶壁からなっています。

チャングン峰の餅盤岩塊はペクトゥ山チョンジ噴火口の南東側の外輪状の山にあります。

マグマが垂直亀裂に沿って湧き上がる途中、硬い上部の岩層を抜き通せず、岩層を押し上げながら注入され、茸状に固まったものです。茸状の岩柱の幅は5~7メートル、傘の幅は500~550メートルであり、高さは最高34メートルです。

マグマの貫入現象をありのままに見せるこの断面は、火山の地質学の研究と教育に意義があります。

(観光)

ike200212037_001.jpg
ike200212037_002.jpg
ike200212037_003.jpg
2020年の記事
 
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1 白頭山(백두산)
*2 天池(천지)
*3 将軍峰(장군봉)
*4 嚮導峰(향도봉)
*5 白岩峰(백암봉)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-03-22 (日) 17:13:39