ペクトゥ山地域のユニークな地質構造(2)

ペクトゥ山地域には噴火作用によってつくられたユニークな地質構造が沢山あります。

ヒャンド峰火山はペクトゥ山*1のカルデラ湖のチョンジ*2の外輪状の山の東部にあります。標高は2712メートルです。火山の頂点には1~15メートルの厚さの軽石が敷かれています。陥没期にチョンジのほうのヒャンド峰*3が落ち込んで急傾斜を成しました。ヒャンド峰の頂点には「革命の聖なる山ペクトゥ山 金正日」という総書記の直筆が刻まれています。

ヒャンド峰火山を始め、ペクトゥ山のチョンジの外輪状の山を成している峰峰そのものが火山です。

ペクトゥ山のチョンジ噴火口は山が落ち込んででき、そこに水が溜まってカルデラ湖が生まれました。チョンジは世界的にも高い所にある火口湖に属します。チョンジの水面の標高は2190.15メートルです。湖の面積は9.16平方キロメートル、周囲の長さは14.4キロメートル、最大水深は384メートル、水量は19億5千5百万立方メートルに達します。

チョンジの水源は大気降水とチョンジの底から吹き出る地下水です。チョンジは朝鮮の湖の中で一番先に厚く氷がつきます。10月中旬から凍り始めて翌年の6月中旬に完全に解けます。氷の厚さは最大1.5メートルです。

ペクトゥ温泉はチョンジの湖岸に沿ってベルト状になっています。熱い火山性ガスによってつくられました。チュチェ73(1984)年1月21日に発見されました。温泉の総ミネラル成分は2.3g/Lです。主なイオン成分はナトリウムイオンと水素炭酸イオンで、その他、硫酸イオン、塩素イオンも微量ながら含まれています。pHは7.2であり、最高温度は約73℃です。

(観光)

ike200212038_001.jpg
ike200212038_002.jpg
ike200212038_003.jpg
2020年の記事
 
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1 白頭山(백두산)
*2 天池(천지)
*3 嚮導峰(향도봉)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-03-29 (日) 18:21:54