ペクトゥ山地域のユニークな地質構造(3)

朝鮮のペクトゥ山地域には噴火作用によってできた地質学上の独特な構造が沢山あります。

ソヨンジ峰*1の小火山は本体火山であるペクトゥ火山*2の噴火口の中心から南東側に10.5キロメートル離れたところにある寄生火山です。寄生火山は側火山とも言いますが、大きな火山の中腹や山麓に生じた小さな火山のことです。マグマの本流が移動したり、枝分かれするときにつくられます。

ソヨンジ峰の小火山の標高は2114メートルです。頂上に噴火口があります。山の頂上は高山草原となっています。山の傾斜面にはツツジ、ペクトゥ山ブルーベリー、キバナシャクナゲなどが分布しています。谷間には朝鮮で一番暑いときの7、8月にも雪と氷があります。

ムドゥ峰*3の小火山やはりペクトゥ山が噴出するとき、生まれた寄生火山で、標高1930メートルです。ソヨンジ峰の北東側にあります。上の部分は軽石で覆われています。風が吹き付けるところには軽石が厚く、緩やかな傾斜をなしていますが、風の吹き付けないところには軽石が積もっていないので急傾斜が保存されています。ムドゥ峰一帯には高い山だけに見られる色々な植物と動物があります。

ムドゥ峰の小火山では軽石に埋もれている火山弾も見ることができます。土の中から火山性ガスが吹き出るところもあります。

(観光)

ike200312030_001.jpg
ike200312030_002.jpg
2020年の記事
 
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1 小臙脂峰(소연지봉)
*2 白頭山(백두산)
*3 無頭峰(무두봉)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-04-06 (月) 13:00:56