ペクトゥの魂を引き継ぐ

一つの美術作品に時代が映ります。

朝鮮人民が革命の聖なる山と見做すペクトゥ山には秘密のベースキャンプがあり、そこに司令部の丸太小屋があります。偉大な金日成主席がこの家に居て抗日革命闘争を導き、朝鮮の解放の曙光をもたらしました。

img_vok201127_01.jpg
img_vok201127_02.jpg
img_vok201127_03.jpg
 
img_vok201127_04.jpg

油絵『司令部の丸太小屋の前で』です。

 

朝鮮美術作品普及社普及員パク・ヒョンイルさん。

img_vok201127_05.jpg

「この作品は偉大な金日成主席がペクトゥ山で高くかざした革命の赤旗を私たち新しい世代が、永遠に翻していくべきだと言うことをユニークな油絵の技法で表しています」

 

解説係りと青年達の目にも表情にも、20年に亘る抗日革命闘争を勝利へと導いた金日成主席の不滅の業績を永遠に輝かせる、新しい世代の誓いが映っています。油絵は独特な構図と画法を駆使しています。

マンスデ創作社の美術家、人民芸術家ホン・ソンイルさん。

img_vok201127_06.jpg

「作品は、司令部の丸太小屋の全景でなく、丸太の耳を揃えて積み上げた一部分をクローズアップし、革命の赤旗を青年たちが握りしめた赤旗で表しています。このように、集約と含蓄の方法で、青年たちが代を継いで革命を続けると言う思想を強調しています。また、一筆や添え筆を見事に組み合わせ、デリケートでソフトな技法で、作品の思想性、芸術性を浮き彫りにしています」

 
img_vok201127_07.jpg

作品は近景に3人の人物だけを描いていますが、遠くに見える行軍隊伍を通して高まるばかりのペクトゥ山巡りのブームを見せています。

 

「偉大な指導者に導かれる誇りが秘められた作品です」
「作品を見ていますと、ペクトゥ山の司令部の丸太小屋を訪れた敬愛する最高指導者金正恩委員長が長いこと見上げていた赤旗が浮かんできます」
「吹雪の吹きすさぶペクトゥ山になびいた赤旗を私たち青年が引き続きなびかせなければ、と言う意思を新たにしました」

img_vok201127_08.jpg
img_vok201127_09.jpg
img_vok201127_10.jpg
 

作品はチュチェ109年(2020)、マンスデ創作社の美術家である功労芸術家キム・イェグァンさんが創作しました。キムさんはこれまで立派な作品を創作して金正恩委員長から高く評価されました。

img_vok201127_11.jpg
img_vok201127_12.jpg
img_vok201127_13.jpg
 

マンスデ創作社の美術家、功労芸術家キム・イェグァンさん。

img_vok201127_14.jpg

「私たちが継承すべきペクトゥの魂とはなんでしょう。金日成主席がペクトゥの烈風の中で掲げ、金日成主席と金正日総書記が一生涯を通して革命の陣頭でなびかせた赤旗を絶対下ろさず、永遠になびかせるとき、尽きない繁栄があると言うことではないでしょうか。この魂が画中に息づいています」

 

油絵『司令部の丸太小屋の前で』は朝鮮労働党創立75周年記念国家美術展で高く評価され、国宝レベルの作品になりました。

(今日の朝鮮)

20201127 サイト動画の聞き書き、字幕抜き書き
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-11-28 (土) 19:45:06