賀状に込められた心

「お母さん、母の日おめでとうございます」

11月16日、朝鮮では母の日を迎えながら自分を生み育てた母親に心からのお祝いの挨拶をしています。子たちは賀状を通じてもお祝いの挨拶を伝えています。賀状の内容は長くなくても、そこには母親への尊敬の心がそのまま込められています。

この賀状をデザインした人の顔にも喜びの笑みが消えないでしょう。中央美術創作社の団長であるリ・ハクムンさんとユン・グァンヒョクさんは、今年の母の日を迎えて、特色のある賀状のデザインを出しました。

ユン・グァンヒョクさんのお話です。

「ある家で母親を祝ってあげる姿を描いています。その家の子のようですが、兄と妹にみられます」

ユン・グァンヒョクさんは村にある幼稚園で先生からもらった赤い星を胸につけた子供たちが家に走っていく姿を見て、一時も早くお母さんに誇りたいと言う童心を感じ、インスピレーションが沸いたとのことです。折りたたみ式の賀状のデザインを見るほど、兄と妹の明るい声が聞こえてくるようです。

「お母さん、おめでとうございます」
「僕は赤い星を2個ももらいました。お母さん喜ぶように!」

妹は美しい花を、兄は幼稚園で良いことをしてもらった2個の赤い星をお母さんに上げようとします。大人とは違う童心が込められた祝い方を考え出した子供たちです。お日様は子供たちをけなげに思って明るくほほえんでいます。子供たちのお祝いの心を自分たちも一緒につたえようと急いで飛んでいく鳥の姿もデザインされています。

団長のリ・ハクムンさんはこう言っています。

「今まで賀状のデザインは大体、花をデザインしたものと大人たちが母親にお祝いの挨拶をするものとに大別されていました。私はデザインを新しくするため母に一番かわいがられる子を描かなければ、と思いました」

デザインの形も思いっきり生かされています。子供たちの姿とお日さまの属性を集約的に、そして漫画の手法を使って、童心をそのまま生かしています。創作家は賀状をもらう母親の思いも描き出して、デザインを作ったといいます。

この国の母親たちの心はわが子に対する愛の感情でもっと熱くなり、子を立派に育てて国の前に押し立てようとの愛国の心ももっと大きくなるだろうと言うのが創作家の思いでした。

(今日の朝鮮)

fig1
賀状の前面のデザイン
fig2
賀状の裏面のデザイン
2021.11.13の記事

中央美術創作社時代の息吹を絵で表す朝鮮画の画伯


TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-11-14 (日) 18:45:31