朝鮮画の画伯

中央美術創作社の朝鮮画創作団団長のファン・ミンさんは、朝鮮画の画伯として人民に広く知られています。朝鮮画の伝統の技法である没骨濃彩画がその特技です。

幼い時、マンスデ創作社の朝鮮画の画家であった父から絵描きを学んだファンさんは希望通り、当時のピョンヤン美術大学の専門部を経て、大学を優等の成績で卒業しました。大学時代の朝鮮画「勝利」が第13回世界青年学生祭典の時の国家美術展で2等賞を受けたことを機に、その才能が認められました。

中央美術創作社に入ったファンさんは、父の後を継いで、先祖の英知と才能が宿る朝鮮画の発展に一生を尽くす一念で技量を磨きました。その過程に、朝鮮画の画面に広がる民族の香りと固有の技法を身につけずには、真の意味での朝鮮画は描けないことを痛感しました。絶え間ない思索と努力の結果、朝鮮画固有の技法である没骨を基本として、これに構図と彩色を統一させる鋭い勘を持つようになりました。

チュチェ84(1995)年創作の朝鮮画「ペクトゥ山の三つ子の虹」は、朝鮮労働党創立50周年記念国家美術展で高く評価され、国家所蔵品に登録されました。その時から、美術界の脚光を浴びました。創作の情熱に燃えたファンさんは、時代の志向を作品にリアルに表すため、何度も革命戦跡地を巡り、創造と建設で沸き立つ現実の中に深く入りました。こうして、朝鮮画「正日峰の朝」、「1995年2月16日のペクトゥ山」、「マンギョンデの生家のしおり戸」などの名作を次々と世に送り出しました。

これまで、60数点の作品が国レベルの美術展で入賞し、そのうち10数点が国家所蔵品に登録されました。ファンさんの画業の高さをそのまま見せています。簡潔ながら洗練された筆使い、構図と彩色の見事な調和、画中に漂う民族の香りにより、ファンさんの作品は国内だけでなく国際的な美術展でも好評を博しています。

ファンさんのお話です。

「民族の優れた美術の形式である朝鮮画を更に発展させ、朝鮮人民の思想と時代の精神を表した名作をより多く創作するつもりです」

IKE170919005_001.jpg
IKE170919005_003.jpg
IKE170919005_004.jpg
2017年の記事
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-10-22 (日) 15:39:06