科学技術力の培養と育成

カン・ソンヒ(カン・ソニ):朝鮮労働党中央委員会第8期第4回総会では、生産と建設に先立って自らの科学技術力を培養し育成する事を強調しています。

自らの科学技術力の培養と育成は其々の部門が如何なる外部の要因にも影響されず急速で持続可能な発展を遂げる為の基本的方途です。各部門の実際の発展を遂げる秘訣は科学技術人材をどのように育成し、その役割をどのように高めるかに懸かっています。

その部門の実体を正しく把握している科学技術人材が発奮し主導的役割を円満に果たす時、同じ労力と資材・資金でも経済の効率を遥かに高め原料と資材の国産化・リサイクル化を実現して生産を活性化する事が出来ます。

自らの科学技術力の培養と育成を生産と建設に優先させるのは其々の部門を先を見通して発展させる重要な裏付けとなります。其々の部門の前途は自らの科学技術力をどう準備させるかによって左右されます。

現行の生産に追われて科学技術力の培養と育成を着実にしなければ発展する現実に絶対に追いつく事が出来ません。生産と建設が力強く行われるほど多方面に亘って準備された人材の役割も更に高まります。

朝鮮では全ての部門で必要な人材を自力で育成する原則に立って科学技術力の培養と育成に時間と手間を惜しまずにいます。どこでも科学技術を重視し人材の育成を優先させています。

必要な人材を掻き集める方式でなく手間を掛けて系統的に育てるべきというのが朝鮮労働党の要求です。

(政策)

2022.04.05 サイト音声の聞き書き
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-04-06 (水) 20:49:35