真の人民の政権

朝鮮人民が歩んできた誇らしい道のりには、勤労人民大衆のための真の政権を建てるため尽くした偉大な金日成主席の不滅の業績が輝かしく刻まれています。金日成主席は革命を始めた当初から、人民のための真の政権を建てることを最重要課題とし、これに心血を注ぎました。

チュチェ22(1933)年にあったことです。当時、南北満州の遠征を終えて、東満州の汪清というところに戻った主席は、遊撃根拠地で左翼のソビエト政策の悪結果を払い、真の人民の政府を建てるため精力的な活動を展開しました。

朝鮮革命博物館リム・ミファさんは語ります。

「多くの人が政権問題を国の解放後に上程する将来のことと見なしていたその時、主席は人民革命政府の路線を示して、政権の形態の基準は人民の要求と人民の利益をいかに擁護し、徹底的に代弁するかにかかっていることを明らかにしました。そして、そのモデルを汪清の第5区と決め、現地に赴いて人民革命政府を建てるための会議を指導しました。主席は会議で人民革命政府は真の人民の政権だという内容の演説をし、10ヵ条からなる政府の綱領の内容について説明しました。その綱領の内容は後日、祖国光復会10大綱領にそのまま反映されました」

この日、主席は、演説で、人民革命政府は王が治める政権ではなく、人民が政権の主人として人民自身が管理運営する政権だと諭しました。

「人民革命政府」、これは主席が抗日の炎の中で創始した史上初めての人民のための新しい政権でした。

主席は、抗日革命闘争の時に収めた政権建設の経験に基づいて、国の解放後のチュチェ37(1948)年9月9日、朝鮮民主主義人民共和国の創建を世界に宣布しました。

朝鮮人民は、世界で始めて真の人民の政権を建てた金日成主席の不滅の業績をいつまでも伝えるでしょう。

(偉人伝)

IKE180806042_001.jpg
IKE180806042_002.jpg
2018年の記事
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-09-03 (月) 12:11:18