人民政権の建設の歴史に印された不滅の足跡

朝鮮人民を史上初めて政権の真の主人にした北朝鮮臨時人民委員会の樹立から70年以上が過ぎました。この日を迎える朝鮮人民は政権建設のため捧げた偉大な金日成主席の不滅の業績を感慨深く思い起こしています。

厳しい抗日革命闘争の時、金日成主席は労働者、農民、知識人、民族資本家、宗教家など広範な勤労者大衆の利益を擁護する民主主義政権を打ち立てる新たな路線を示し、これに心血を注ぎました。

朝鮮革命博物館リム・ミファさんのお話です。

「多くの人が政権問題を国の解放後に上程される将来のこととみなしていたその時、金日成主席は人民革命政府の路線を示し、政権形態の基準は人民の要求と人民の利益をいかに守り、徹底的に代弁するかにかかっていることを明らかにしました。そして、汪清というところの第5区をモデルにし、現地に赴いて人民革命政府を樹立する集いを指導しました。主席は集いで、人民革命政府は真の人民の政権だという内容の演説をしました」

主席はこの日の演説で、人民革命政府は人民が政権の主人であり、人民自身が管理運営する政権だと教えました。「人民革命政府」、これは、主席が抗日戦争の中でもたらした史上初めての人民の新しい政権でした。

このような経験を踏まえて、主席は国の解放後、民主主義人民共和国を建てることを政権問題の解決の基本的方向、目標として掲げました。主席は、人民大衆の力に頼って地方政権機関をしっかり築き、中央政権機関を樹立する土台を固めて、それまで誰もしたことのない政権建設の新たな道を切り開きました。

チュチェ35(1946)年2月8日、金日成主席の指導の下にピョンヤンで行われた歴史的な北朝鮮の民主主義政党、大衆団体、行政局、人民委員会代表者協議会では、北朝鮮臨時人民委員会の樹立が厳かに宣言されました。

その後、主席は土地改革と基幹産業の国有化など諸般の民主改革を成功裏に行い、人民皆が参加する民主主義選挙を通じて、北朝鮮臨時人民委員会を法的により強固な北朝鮮人民委員会に発展させました。そして、人民の利益を代表する真の国家、朝鮮民主主義人民共和国の創建で、朝鮮での政権問題をもっとも輝かしく解決しました。

朝鮮人民は真の人民の政権を建てた金日成主席の不滅の業績を末永く伝えています。

(偉人伝)

IKE190114013_001.jpg
IKE190114013_002.jpg
2019年の記事
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-02-08 (金) 19:09:12