欺瞞的な「文化政治」を暴く

朝鮮で6月10日万歳示威闘争があったときから95年が過ぎました。反日愛国闘争を残酷に弾圧した日本帝国主義の野蛮行為は今も、朝鮮人民の怒りを買っています。

1920年代中頃、朝鮮人民の反日感情は爆発寸前にありました。1919年の3月1日人民蜂起を機に植民地支配の深刻な危機に直面した日本は、野蛮な武断政治に代わって「文化政治」を標榜しました。しかし、植民地支配に変わったところはなく、狡猾さと悪辣さは増していくばかりでした。

1926年4月、朝鮮封建王朝の最後の皇帝スンジョン*1の死は、朝鮮人民の反日感情を強く刺激しました。朝鮮人民の反日感情は高まり、当時キョンソン*2と呼ばれたソウルでスンジョンの葬儀を機に反日示威が準備されていました。これを察知した日本は、示威闘争の弾圧へと出ました。

各道の警察部隊と軍隊を動員してキョンソンに物々しい警戒網を張る一方、インチョン*3に停泊していた4隻の巡洋艦の海兵を「儀じょう兵」という名目で上陸させ、待機させました。これと共に「治安維持法」など各種悪法を発動して、示威闘争準備委員会のメンバーを始め「要注意人物」を大挙検挙しました。

葬儀当日の6月10日は、スンジョンの柩輿が通る道路の電柱ごとに武装した5、6人の警官を配備し、「礼砲」用だとして各所に大砲と機関銃までかけて脅しました。しかし、こうした恐喝も高まる反日感情を抑えることができませんでした。

社会科学院歴史研究所の研究者ヤン・ギソンさんのお話です。

「1926年6月10日、キョンソンでは数万人の各階層の人が『朝鮮独立万歳!』、『日本軍は撤退せよ!』などと叫び、大衆的な反日示威を展開しました。日帝の『文化政治』の欺瞞さはこの6月10日万歳示威闘争を残酷に弾圧したことからもよく分かります。日帝は、4000人以上の騎馬警官と数百人の憲兵を示威の弾圧に動員し、丸腰の示威参加者に銃砲を発砲しました。そのため160人余りが怪我をし、200人余りが逮捕されました。日帝はキョンソンだけでなく、各地方での大衆的な示威も残酷に弾圧しました。6月10日万歳示威闘争に対する日帝の弾圧は当時、日帝が実施した『文化政治』の狡猾さと悪辣さを白日の下にさらけ出しました」

日本の植民地支配の下で朝鮮民族に強いられた不幸と苦痛は計り知れないものです。にもかかわらず、日本の反動勢力は未だに特大の反人倫の罪を隠すため小細工を弄しています。

日本の反動勢力が過去の罪を美化するため卑劣な手を尽くしても、歴史を消すことはできません。

(時事評論)

ike210521001_001.jpg
ike210521001_002.jpg
ike210521001_003.jpg
ike210521001_004.jpg
ike210521001_005.jpg
ike210521001_006.jpg
2021.06.09の記事
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1 純宗(순종)
*2 京城(경성)
*3 仁川(인천)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-06-10 (木) 19:18:27