欺瞞とうわべだけの「文化政治」

歴史には93年前、日帝に反対する朝鮮人民の6月10日万歳示威闘争を残酷に弾圧した日本帝国主義者の野蛮行為も記されています。

1920年代中頃、朝鮮人民の反日感情は極みに至りました。1919年にあった3月1日人民放棄を機に深刻な植民地支配の危機に陥った日帝は、野蛮な武断政治に替わる文化政治を標榜しました。しかし日帝の悪辣な植民地支配の本質は変わっておらず、一層狡猾で悪辣なものになりました。

こうした時の1926年4月、朝鮮封建王朝の最後の皇帝だったスンジョン*1の死亡は朝鮮人民の反日感情を強く刺激しました。朝鮮人民の反日気勢が高まり示威の準備が進められている事を察知した日帝は、示威を弾圧する為手の限りを尽くしました。

日帝は各道の多くの警察部隊と軍隊を動員してソウルに厳しい警戒網を敷く一方、インチョン*2に停泊していた巡洋艦の海兵達を儀仗兵の名目で上陸させ待機させておきました。これと共に治安維持法をはじめ各種悪法を発動して、示威闘争準備委員会のメンバーをはじめ要注意人物への大々的な検挙旋風を巻き起こしました。

6月6日と7日の両日の間にソウルだけでも200人余りが逮捕された事一つを見ましても、日帝が示威闘争を事前に鎮圧する為躍起になった事が良く分かります。

中央階級的教育館の解説係りであるイ・ジョンボクさんのお話です。

「6月10日、日帝はスンジョンの棺輿が通る道路沿いに、礼砲用だとして大砲を設置し人々を脅かしました。こんな中ソウルに集まった数万人の各階層の人々は『朝鮮独立万歳』、『日本軍は撤退せよ』というスローガンを叫びながら、大衆的な示威闘争を繰り広げました。6月10日万歳示威闘争は邪悪な日帝の植民地支配への、朝鮮人民の積もり積もった恨みと怒りの爆発でした。これに慌てふためいた日帝は銃剣で160人余りを負傷させ、200人余りを逮捕するという暴挙を働きました。6月10日万歳示威闘争への徹底的で過酷な弾圧は、日帝が標榜した文化政治が欺瞞と上辺だけである事をはっきりと示しました」

この事一つを通しても日帝は正に、朝鮮民族を自分の完全な奴隷にしようと躍起になった朝鮮人民の不倶戴天の敵である事が良く分かります。罪を犯したなら謝罪し賠償するのが人間社会の初歩の倫理です。

しかし日本は今尚、好ましからぬ自分の過去の罪に対し真面目に謝罪し賠償するどころかそれを拒否しています。果ては「朝鮮に対する植民地支配は朝鮮人が望んだ事であり、日本の植民地支配は朝鮮の発展に肯定的な影響を及ぼした」等と、荒唐無稽な詭弁を躊躇う事無く弄しています。

日本が過去の罪に対する謝罪と賠償を拒否しても、その道徳的・法的責任から逃れる事は絶対出来ません。

朝鮮人民は、嘗て日本が朝鮮民族に振りかけたあらゆる不幸と苦痛の代償を、百倍、千倍にして支払わせるでしょう。

(時事評論)

2019.06.09 サイト音声聞き書き
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1 純宗(순종)
*2 仁川(인천)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-06-10 (月) 12:21:28