朝鮮労働党の旗に秘められた崇高な志

朝鮮人民は聖なる朝鮮労働党の旗を眺めて、その赤旗に秘められた崇高な志を改めてかみ締めています。

久しい前、偉大な金正日総書記はその旗の下で誓いを立てました。

チュチェ53(1964)年6月19日、党中央委員会で活動を始めた総書記は、翌日未明、周りの人たちと共に外に出て、明るむ空を背景に翻る朝鮮労働党の旗を長いこと眺めました。そして、その旗と共に過ぎ去った朝鮮労働党の歴史を感慨深く振り返りました。

しばらくして、総書記は、朝鮮労働党の旗には金日成主席の偉大な革命歴史がそのまま秘められている、今はわれわれがあの赤旗を掲げて行かなければならない、われわれは革命の前途にあらゆる難関が横たわっても革命の赤旗を高く掲げて主席の偉業を実現するためにいっそう力強く闘わなければならない、と言いました。

続けて、自分は主席に忠実に従い、主席の意図通り、朝鮮労働党を担っていく決心を固めた、と言いました。

金日成主席の意図通り、朝鮮労働党をたくましく担っていく!

これはチュチェの革命偉業の完成を畢生の使命とした金正日総書記が自ら下した決心であり、朝鮮労働党の赤旗の下で立てた厳かな継承の誓いでした。

(偉人伝)

IKE180518004_111.jpg
2018年の記事


TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-06-08 (金) 16:48:54