永遠の指導者の党に

朝鮮労働党を永遠に金日成同志の党に、これは偉大な金正日総書記の党指導の歴史の第一ページに記された誓いでした。金正日総書記はこの誓いを生涯貫いてきました。

金日成主席の革命思想を金日成主義と定義づけ、全社会の金日成主義化を党の最高綱領と宣言し、党内に主席の思想体系、指導体系を確立し、不抜の統一団結を実現しました。そして、朝鮮労働党が主席の指導の風格を見習うよう導いて、人民のために奉仕する母なる党、いかなる環境の中でも革命的原則を固く守り、大衆を力強く呼び起こして革命を絶え間なく前進させる指導的政治組織として威容を馳せるようにしました。社会主義を建設していた一部の国で革命の赤旗が下ろされていた時も、社会主義偉業を勝利一路へと確信を持って導いた朝鮮労働党でした。

チュチェ83(1994)年、主席の他界後、金正日総書記は主席を朝鮮労働党と朝鮮革命の永遠の指導者と仰ぎ、朝鮮労働党を栄えある金日成同志の党に発展させるのに第一の力を入れました。「偉大な領袖金日成同志の革命思想でしっかり武装しよう!」と言うスローガンを示し、党建設と党活動を主席の思想と意図通りに行うようにしました。総書記の気高い道徳的信義、限りない献身の精神によって、この地で主席の革命活動の歴史は続きました。

朝鮮革命博物館の解説係キム・ヒャンボクさんのお話です。

「偉大な金正日総書記は1995年10月、『朝鮮労働党は偉大な領袖金日成同志の党である』と言う著作を発表しました。金正日総書記は主席の革命思想を固く守り、徹底的に具現するようにしました。そして、党勢の統一団結は党の生命で力だという独創的な思想を示し、党の唯一思想体系の確立を一貫して堅持するようにしました。このように、金正日総書記の優れた導きによって、朝鮮労働党は偉大な金日成主席の思想と業績を忠実に継承し、発展させていく党となりました」

朝鮮労働党の歴史はその創立者である金日成主席の革命活動の歴史であり、主席の思想と偉業を見事に引き継いできた金正日総書記の革命活動の歴史です。

朝鮮労働党の発展と共に、金日成主席と金正日総書記の名は永遠に残るでしょう。

(フィーチャー)

ike210511065_001.jpg
2021.06.15の記事
 

チュチェ53(1964)年6月19日は、偉大な金正日国防委員長が朝鮮労働党中央委員会で活動を始めた日です。金正日国防委員長はチュチェ86(1997)年10月、党の総書記の職務を担って、朝鮮労働党を導きました。

党中央委員会で活動を始めた初日、国防委員長は朝鮮労働党をその創立者である偉大な金日成主席の党に発展させる意志を固めました。この日、夜遅くまで執務を取った国防委員長は、東の空が白み始めた頃、外へ出ました。党中央委員会の建物の屋上には赤い党の旗が翻っていました。

深い思い出に耽って党の旗を眺めていた国防委員長は、朝鮮労働党の歴史は赤い旗と共に進んできた最も栄えある輝かしい歴史だ、わが党の旗には金日成主席の偉大な革命活動の歴史がそのまま映えている、これからわれわれがあの赤い旗を高くひるがえすべきだ、わが党を永遠に金日成主席の党に強化・発展させるのは自分の畢生の課題だと言いました。

金正日国防委員長の精力的な活動で、朝鮮労働党は指導者の党としての革命的面貌を整えた党、革命と建設を成功裏に導く百戦百勝の党に発展しました。国防委員長は金日成主席の革命思想で全社会を一色化するのを朝鮮労働党の最高綱領と宣言し、党の建設と活動が主席の思想と意志通りに行われるようにしました。

主席がなくなった後も金正日国防委員長は朝鮮労働党の歴史はすなわち金日成主席の革命活動の歴史で、朝鮮労働党がなした業績も、朝鮮労働党の不抜の威力と権威も金日成主席の名と結び付いていることを明白にしました。

国防委員長の指導の下に朝鮮労働党は指導者の思想体系、指導体系が確立した指導者の党として強められ、主席の革命活動の歴史はこの地に連綿と綴られるようになりました。

(フィーチャー)

ike220516014_001.jpg
2022.06.11の記事
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-06-12 (日) 18:46:30