日本はコジョン皇帝毒殺の責任を逃れることはできない

過去、日本帝国主義が朝鮮で働いた多くの特大の犯罪の中には、朝鮮封建政府の最高統治者皇帝の高宗を白昼に毒殺した犯罪行為も記されています。

1919年1月22日、朝鮮封建政府の皇帝高宗が急死する事件が起きました。死亡当時の高宗の遺体は腕や脚が酷く腫れ上がり、舌も酷く爛れていたといいます。平時、高宗にこれという病気が無かった事から、その急死と死亡当時の遺体の状態等は高宗が毒殺された事を如実に見せています。一国の最高主権を代表する皇帝高宗が悲惨に急死したのは、朝鮮自民にとって余りにも衝撃的な事でした。

高宗の毒殺には日帝の魔の手が伸ばされていました。当時の色々な資料がそれを照明しています。高宗は日帝によって捏ち上げられた「乙巳五条約」、日本で言う「第二次日韓協約」の事です。この乙巳五条約の無効をあくまで主張し、日帝の軍事的圧力と脅威にめげず何度も国際社会に日帝の朝鮮侵略の不法さを訴えました。日帝が乙巳五条約を捏ち上げると、高宗は即時フランス駐在朝鮮公使のミン・ヨンチャンに秘密の伝聞を送って条約の不法さを内外に公式に宣言しました。そしてアメリカとドイツ、フランス等、各国元首に親書を送って、乙巳五条約が無効である事を尽く暴きました。更には1907年6月、オランダのハーグで開かれた第2回万国平和会議に密使を遣わして日帝の朝鮮侵略行為の不法さを告発しました。

慌てふためいた日帝は、一国の最高主権者である皇帝高宗を殺す絶対許せない特大の罪を犯しました。当時日本宮内庁の会計審査局長官だった倉富勇三郎は日記で、「寺内総理の指示を受けた長谷川朝鮮総督に、朝鮮を保護国に転落させた乙巳五条約の有効性を皇帝高宗に説明するようにした。ところが高宗は乙巳五条約の有効性の認定を拒んだ。すると皇帝が毒殺されたとの噂が立ったと聞いた」と書きました。即ち高宗が乙巳五条約を認めなかったので、寺内が長谷川に皇帝の毒殺を指示したという事です。高宗毒殺の問題を研究しているアメリカの或る大学教授は、「日帝は独立運動の後援者であった高宗皇帝が、朝鮮人達に独立運動を煽る事をとても恐れていたと見られる。こうした状況が、日帝が高宗を毒殺した可能性を見せる唯一のものだ」と述べました。

過去、朝鮮を不法に占領して朝鮮の国権を矢鱈と踏み躙った日帝の特大の犯罪は、いついつまでも罪滅ぼしの出来ないものです。にも拘らず日本の反動勢力は、到底許せない特大の反人倫の犯罪について徹底的に謝罪し反省する事はおろか、朝鮮民族蔑視の思想に凝り固まって朝鮮敵視政策を悪辣に追求しています。こうした厚顔無恥な態度の裏には、軍国主義を復活させて何としても朝鮮を植民地にしようとの再侵略の野望があります。日本当局は朝鮮の軍隊と人民の対日敵愾心を直視し、過去の特大の反人倫の罪について徹底的に謝罪し反省しなければなりません。

それは日本の未来の為にも必要な事です。

(時事評論)

2018.01.21 サイト音声の聞き書き
 
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-01-22 (月) 14:13:36