地場産業の発展のために

地場産業を発展させるのは朝鮮労働党の一貫した政策です。経済建設で中央工業と地場産業を取り合わせるのが前々から原則となっています。

平壌市はもとより各道・市・郡にも、地元の原料と労力で生産を高い水準で正常化する味噌・醤油工場等地場産業工場が建設され、その原料源も充実しています。

海を控えている所では浅海養殖を通して美味しい食品を生産し、山を控えている所では山を利用して工芸品や食品を生産して住民の生活に潤いをもたらしています。

地域毎に自然と経済の条件が異なるだけに、地場産業工場では実情に合わせて設備と生産工程の近代化を図って必要な一般消費財を生産し、地元を象徴し代表する特産物の生産を増やしています。

共和国には模範地場産業郡という称号も制定されて地場産業の発展を大いに促しています。模範地場産業郡の称号を授かった平安北道*1昌城郡*2では郡内の全ての工場を近代化し、地元の原料に頼って生産を高い水準で正常化しています。

分けても昌城食品工場では地元に豊富なヤマブドウ、サルナシ、サンザシ、ドングリ等、野生の果実を主原料とする数十種の製品を生産しています。工場の製品は中央工場の物に引けを取らない品質です。

昨年に行なわれた朝鮮労働党中央委員会第7期第5回総会では、「中央工業直轄の工場と地場産業工場が姉妹関係を結んで助け合うのは、労働党の軽工業政策の一貫した要求だ」と指摘しています。

今、地場産業工場が自力で賄う事の出来ない設備や部品、原料と資材を中央工業直轄の工場が解決し、積極的な技術の支援も行っています。

地場産業の発展で人民生活は日増しに高まっています。

(チュチェ思想)

2020.07.13 サイト音声の聞き書き
 
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1 평안북도
*2 창성군

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-07-14 (火) 20:22:10