国号の真の意味を諭し

どの国にも国号があります。自然地理的特徴を生かした国号もあれば、豊富な資源を国号を通して自慢する国もあります。偉大な指導者に導かれる国は大きくなくても自分の名を世界にとどろかせることが出来ますが、そうでないと国号も失うというのは朝鮮人民が心に刻んだ真理です。

チュチェ50(1961)年11月のある日のことでした。偉大な金正日総書記は金日成総合大学の学生たちに国号について意味深長なことを話しました。

総書記は、国号は国家の公式の名であるだけに、それには国家政権の階級的本質と形態が反映されるべきだ、われわれの国号には共和国の人民的で民主的な性格がはっきりと表れている、国の解放後、国号のことで不純分子たちとセクト分子たちが字が9つもある、長すぎると言って「9字因縁」をつけた、他の国では国号をそうつけない、ただ人民共和国にするか、民主主義共和国にしようと言ったが、これは共和国の人民的で民主的な性格をないがしろにしようとの非常に不順な目的から始まったものだ、と指摘しました。

総書記は「朝鮮民主主義人民共和国」という国号は、われわれの実情に全的に合うものだ、他人がどうしようとわが国の実情に合い、人民が喜ぶならそれまでだとし、主席が制定したわれわれの国号は革命の性格と任務、国の実情に合う最も正しく独創的なものだと言いました。そしてわれわれの国号にはこのように主席の深い志が集約されているとし、この地に生まれた人なら誰を問わず国号を軽く見てはならないと言いました。

国号の真の意味を諭した金正日総書記のその日の教えは今も朝鮮人民の胸に深く刻まれています。

(偉人伝)

ike190731003_001.jpg
2019年の記事
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-09-01 (日) 12:06:26