建国と共に伝わる話

またといない愛国者である偉大な金日成主席の気高い祖国愛、民族愛、人民愛は国旗と国章、国号にも熱く秘められています。

特色ある国旗と国章

朝鮮が日帝の植民地支配から解放されて2年後の1947年11月のことです。美術家を呼んだ金日成主席は、これから創建する国家の国旗と国章をデザインする課題を与えました。

そして、国旗には国の解放のために銃を取って長い間、日本帝国主義者に反対して闘った朝鮮の革命家たちの崇高な愛国の精神が込められるべきであり、労働党の周りに一丸となって闘う人民の愛国的で革命的な熱意と必勝不敗の威力がそのまま表現されるべきだと言いました。

主席の深い関心の中、赤い星輝く藍と紅の国旗がつくられました。金日成主席は国章は抗日革命闘争の輝かしい伝統を受け継いだ朝鮮人民が党の周りに団結して国の完全な自主独立と進歩のために闘うことを表すべきだといいました。

そして、労働者階級を中核とする労農同盟に基づく人民大衆の一枚岩のような統一と共に強力な近代的工業と農業の発展を遂げる共和国の明るい未来が表現されるべきだと教えました。

こうして革命の聖なる山、ペクトゥ山*1と明るく輝く赤い星などが刻まれた国章が作られました。

愛国の心が映る国号

共和国が創建されるまで国号の制定は深刻な闘いを伴いました。一部の不順分子らは国号を「朝鮮民主主義人民共和国」とするのを中傷しました。「国号が長過ぎる」、「他の国は国号をそんなにつくらなかった」などと言って、「民主主義」を抜くか、「人民」を抜くべきだと主張しました。

それは間もなく生まれる共和国の人民的で民主主義的な性格を抹殺しようとの詭弁に過ぎませんでした。主席は不順分子らの胸中を見極めてそれに断固反対しました。

主席は、国の名前はわれわれが主人となって人民の要求に即して作ればいい、他の国と同じくする必要はない、「朝鮮民主主義人民共和国」という国号には共和国の自主的性格と真の民主主義的で人民的な性格がそのまま反映されている、と力を込めて言いました。

そして、一部の人が国号から「人民」という言葉を抜くことを主張しているがこれは誤った主張であり、「民主主義」を抜こうと言う主張もやはり危険な見解である、この主張は朝鮮革命発展の現段階の任務を正しく認識せず、特に国が分断された中で革命を遂行するということを無視したことからの誤った主張だといいました。

こうして国号の制定を不当な目的に利用しようとした不順分子らの策動が粉砕され、朝鮮人民の意思と革命の要請が十二分に反映された「朝鮮民主主義人民共和国」と言う国号が生まれたのです。

2012年の記事
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1 白頭山(백두산)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-03-24 (金) 19:09:19