不抜の革命軍隊

チュチェ101(2012)年7月17日、朝鮮人民みなの総意により、敬愛する最高指導者金正恩委員長に朝鮮民主主義人民共和国元帥の称号が授けられました。それ以来この8年間、金正恩委員長は天才的な軍事戦略の思想と比類のない胆力、抜きん出たリーダーシップで共和国の革命武力を百戦百勝の軍隊につくりました。

金正恩委員長は全軍金日成・金正日主義化を軍隊建設の総体的課題とし、共和国の革命武力が革命的な党の軍隊としての本領と威力を遺憾なく発揮するよう導きました。危険千万な最前線と砲煙立ち込める訓練場を絶え間なく訪れ、人民軍を必勝不敗の軍隊につくりました。その献身の足跡は空と陸地、海の全ての人民軍部隊に印されています。

チュチェ101(2012)年2月、金正恩委員長が敵軍と差し向かっているある海岸砲兵部隊を訪れたときのことです。火力訓練を見ようとの金正恩委員長の言葉に軍人たちは緊張しました。敵味方が鋭く対峙している地域なので、いつどんな状況になるか予測できなかったのです。

指揮官たちは危険です、ここは敵陣が目の前である最前線ですと重ねて言いました。すると、金正恩委員長は軍人たちと共にいるのに、何も恐れるものがない、敵軍は敢えてわれわれに手出しできないと言い、海岸砲兵の訓練振りを見ました。この日、軍人たちは金正恩委員長の姿に優れた総帥の胆力を改めて感じました。

数年前の3月、金正恩委員長は人民軍の各軍種、軍団級の指揮メンバーの射撃競技を指導しました。競技を見た金正恩委員長は人民軍で射撃の名手の運動を力強く展開して、軍人たちを天気、昼夜、季節の条件に拘わりなく目標を一発で掃滅する百発百中の射撃の名人に育むべきだとし、そうするためには指揮官から先ず射撃の名人にならなければならないと言いました。そして、戦いはいつやると広告を出してやるのでないということを片時も忘れず、戦闘準備の完成に最大の拍車をかけるべきだと言いました。

金正恩委員長が発案した射撃の名手、名砲手運動の熱風のなか、人民軍軍人たちは英雄的戦闘精神、大胆な攻撃方式と完璧な実戦能力を持つ現代戦の達人、正真正銘のつわものに成長しました。

いつでしたか、金正恩委員長は、共和国を1日も早く、世の中で一番強い国につくる思いだと言いました。その意志で金正恩委員長はわずか数年の間に、共和国を誰も手出しできない最強の国家防衛力を備えた無敵必勝の軍事強国に築きました。

絶え間ない献身と労苦で軍事力強化の新しい歴史を綴った金正恩委員長の不滅の業績は子孫万代に末長く輝くでしょう。

(今日の朝鮮)

ike200615011_001.jpg
ike200615011_002.jpg
ike200615011_003.jpg
2020年の記事
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-07-18 (土) 15:52:02