ナノ産業の創設のために

ナノ産業は21世紀の先端技術産業の1つとして世界的に注目されています。

朝鮮では情報産業とナノ産業、生物産業のような先端技術産業の創設と発展に大きな力を入れて経済建設を進めています。国家科学院ナノ工学分院の科学者たちは、各種のナノ材料とその応用製品を開発して、国のナノ産業の創設を積極的に促しています。

ナノ応用技術研究所の研究室主任チョン・ウンスンさんのお話です。

「ナノ技術の発展に伴い紡織工業でもナノ材料とその応用技術が広く利用されています。抗菌と紫外線防止、赤外線複写、保温など色々な機能を持つナノ紡織製品が多く生まれています。研究所では人々のニーズに応え、経済的意義も大きい機能性ナノ織物を開発し、ナノ産業創設の土台作りを戦略として打ち出して研究を深めています」

ここの研究チームは国内の原料による機能性複合作用の能力を持つ新しいナノ材料を開発しました。この材料は粒度と純度などの技術指標が世界の先端水準に達した良質の材料です。

研究チームはナノ材料の開発に基づいて、これを実用化するための研究を粘り強く推し進めました。そして殺菌力と抗汚染能力が優れ、無機物の分解力を持つこのナノ材料を、紡織工業部門に広く取り入れるための研究を深めました。

ナノ材料の特性に合わせて色々な紡織製品に付着させるための実験と研究も重ねました。必要な設備を自力で製作し、付着力を高めるための研究に思索と熱情の限りを尽くしました。互いの知恵を搾り出してついにナノ・ポリエステル人絹を作り出し、この8月に開催された全国軽工業部門の科学技術発表会及び展示会で高く評価されました。

分院では今年、ナノ・ポリエステル人絹だけでなく、殺菌時間を短縮しながらも高い殺菌率を保障するナノ銀抗菌バケツ、新たな酸素分析器とセンサー材料を開発し、天然の黒鉛の電極の生産技術を新たに確立するなど、国の経済発展と人民生活の向上に役立つ価値ある研究の成果を多く出しました。

今も分院の科学者は、ナノ技術と生産を結びつけて実用的で経済的な意義の大きいナノ製品を生産するために励んでいます。

(今日の朝鮮)

ike190910017_002.jpg
2019年の記事
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-10-30 (水) 14:12:30